上司学とは

上司学とは

ハーバード大学の研究によれば、企業の成長ファクターの80%が、その企業に根付いた目には見えない「文化」に起因しているそうです。したがって、会社の成長のためには、企業文化を上質化することが必要になります。

上質な文化形成のためには、普段からの仕事やコミュニケーションを通じての社員教育が欠かせません。

この教育とは、普段から永続的に行うからこそ効果が出るものであり、決して単発の教育や短期間で形成できるものではありません。では、普段から社員への仕事を通して教育を行っていく一番のコア人材は誰でしょうか?それは、紛れもなく、部下を持つ上司の方々なのです。

人は誰に教わるか、誰に相談するか、誰と出会うかによって人生の質が変わります。なぜなら、人の体が、ビタミンやミネラルや糖質といった栄養素から形成されるように、人生・仕事の成果は、『良い思い込み』と、『良い言葉』と、『良い学び』により創られるからです。部下はよい上司に出会うことによって、よい思い込みと、よい言葉と、よい学びをインストールし、意思決定の質が変わり、行動の質が変わり、成果の質が変わります。

このように、上司自身が「上司とはどうあるべきか」を学び、普段の仕事を通して部下へよい思い込みと、よい言葉と、よい学びをペイフォワード(次へ渡す)してくことにより、上質な文化が形成され、企業も成長できるのです。また、私達は、フリーターやニートが増殖し続ける中で、見本となるべき今の大人たちがもっと「働くことの素晴らしさ」「大人になることの素晴らしさ」を後世に伝えていける、魅力的な人間形成が必要だと考えます。

その大人たちが最も影響を受けるのが仕事環境=上司ではないでしょうか。そのように考えれば分かるように、上司も部下も、ビジネスパーソンである前に、男であり、女であり、父親であり、母親なのです。その人達に最も影響を及ぼす上司が魅力的であり、その魅力的な上司が魅力的な部下を育成することにより、ねずみ算式に社会へ魅力的な人材が輩出されていきます。要するに、部下育成は社会に上質な人間を生み出す最大の社会貢献であると私達は考えます。このような思いから、当社では「上司学®」をスタートいたしました。

部下を育てる「上司学®」とは

「上司学®」とは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、当社代表の嶋津が、独立・起業から会社を上場させるまでに学んだ(2回の上場経験)、部下育成に関するノウハウ・DOハウを体系化したものです。

当社では、「業績アップに向けて、最高の上司が、最高の部下との関係を築き育成し、最高の組織を作ること」を目的として、部下育成に悩む上司の方々向けに、当社が主催するリーダーズアカデミーでこの上司学®メソッドをご提供しています。「上司学®」では、以下の3つの方向から、皆様の問題を解決していきます。

  • 管理職としての「あり方」を見直す
  • 部下とのコミュニケーションを改善する
  • 目的達成のための組織づくりをする

効果的に部下を伸ばし、組織を伸ばす上では、このように、「上司個人」「部下との関係」「組織」を変革することが必要であると私達は考えます。「反射の理」という言葉があるように、部下は上司を見て育ちます。 部下を変えたいと思ったら、上司であるあなたがまず、「上司とはどうあるべきか」という『ものの見方・考え方』を学び、「最高の上司」になる必要がある、と私達は考えます。

次に、部下との人間関係の改善です。どんなに素晴らしい教えでも、相手が心を開かなければ伝わりません。部下を変えようとするのではなく、部下が自ら変わろうとしていくために、部下との関係を変える必要があるのです。ですから、「上司学®」では、コミュニケーション上のスキル・テクニックを学び、部下と「最高の関係」を築いて頂くサポートをいたします。

さらに、業績向上のためには、上司が「最高の組織作り」について学び、部下の能力を最大限引き出し、組織全体の生産性を高める必要があります。上司の最大のミッションは、「部下に目標達成をさせてあげること」と私達は考えています。結局はこれが組織の目標達成に直接的につながります。「上司学®」では、このための具体的手法も皆様にお伝えしていきます。

この考え方を木に例えるならば、組織においては、根っこが上司、幹が人間関係、部下が枝葉となります。枝葉である部下が青々と茂っているかどうかは、根っこである上司がよい養分を吸い上げて、太い幹を通して、部下に送っているかどうかにかかってきます。そして、成果が実を結ぶには、木全体を健康に保つ必要があるのです。

このような考えから、「上司学®」では、以下の3つのメソッドを皆様にご提供します。

上司学®メソッド体系

業績アップに向けて、最高の上司が、最高の部下との関係を築き育成し、最高の組織を作る ― それを可能にするのが、「上司学®」メソッドです。 リーダーズアカデミーでは、当社代表の嶋津が、独立・起業から会社を上場させるまでに学んだ(2回の上場経験)、部下育成に関するノウハウ・DOハウを「上司学®」メソッドとして体系化し、部下育成に悩む上司の方々にお届けしています。 「上司学®」は、「上司の人間学」「上司の関係学」「上司の組織学」の3つのメソッドで構成されており、業績アップのノウハウが体系的に学べる形になっています。

1.上司の人間学 ・・・管理職としての「あり方」を見直す

部下は上司を見て育ちます。部下を変えたいと思ったら、上司がまず、「上司とはどうあるべきか」という『ものの見方・考え方』を学び、「最高の上司」になる必要があります。

2.上司の関係学 ・・・部下とのコミュニケーションを改善する

次に、部下との人間関係の改善です。部下を変えようとするのではなく、部下が自ら変わろうとしていくために、部下との関係を変える必要があります。コミュニケーション上のスキル・テクニックを学び、部下と「最高の関係」を築きます。

3.上司の組織学 ・・・目標達成のための組織づくりをする

さらに、業績向上のためには、「最高の組織作り」について学び、部下の能力を最大限引き出し、組織全体の生産性を高めます。上司の最大のミッションは、「部下に目標達成をさせてあげること」です。このための具体的手法を伝えます。