言葉力(「言い方」を変えれば関係が変わる)

言葉の重要性については、何度となくお伝えをしてきましたが、

最近のリーダーは言葉を雑に扱いすぎます。

言葉が現実を作ります。

 

作りたい現実に対して、最も有効な「言葉」を選び、

「言い方」を選ばなければいけません。

 

私たちは、方針を「どう伝えるか」ではなく、

 

「どのようにすれば方針に基づいて社員が行動するか」

 

つまり、「伝え方」ではなく「行動の引き出し方」に焦点を当てなくてはなりません。

 

「言葉とは、必要な行動を相手から引き出すための道具」

 

です。

 

例えば、

 

「何やっているんだ!君がちゃんとチェックしないとダメじゃないか!」

 

と言われるのと、

 

「最近君はとても頑張って仕事をしている。

だからといってミスは許されない。

ちゃんとチェックしないとダメだろ。

今までの仕事が台無しになるぞ」

 

と言われるのと、どちらが行動の引き出しに焦点が当たった言い方でしょうか。

 

また、ミスを正したいときに、

 

「ここ間違っているから直しておいて」

                  

とただ、ミスだけを指摘され、冷めた言い方をされるのと、

 

「この資料はとてもいいよ。

君は本当によくやった。

君には感謝している。

後はここのグラフがもう少し見やすいといいんだけどな」

 

と言うのと、どちらが行動の引き出しに焦点が当たった言い方でしょうか。

 

言葉は「魔物」です。

でも「武器」です。

それも「無料」です(笑)

 

無料にもかかわらず、絶大な効果を引き出す「言葉」を雑に使うのは、

私から言わせればお金の無駄遣いと一緒です。

 

ぜひ、作りたい現実に対して、最も有効な「言葉」「言い方」を選んで、

社員との効果的かつ効率的なコミュニケーションをとってください。

 

そして、無料で絶大な効果のある「言葉」を上手に使って、

社員から必要な行動を引き出してください。

 

ブログ一覧へ戻る