社長の「引き寄せの法則」

運が「良い」とか「悪い」とかいう話があります。

運はどうやって引き寄せられてくるのでしょうか?

 

私は「自分の将来やりたい!」と思っていることや考えていることを積極的に開示していくからこそ、協力者が現れたり、その件に関する情報が入ってきたりすると考えています。

これこそまさしく「引き寄せの法則」です(笑)

 

こそこそして人に何も話さなければ、そのチャンスをみすみす失っていることになります。

だから、自分の考えているアイデアや企画などは、いい意味で積極的に開示をして、

できるだけたくさんの人に知ってもらう。

だからこそ、その件に関する運が引き寄せられてくるのです。

 

もちろん、当たり障りのある人に変に話しすぎて、アイデアや企画を奪われたりしかねないので

その自己開示のさじ加減は必要です。

 

でも、私の経験上、基本的にはどんどん話しても大丈夫です。

人に話してすぐにマネをされるようなものであれば、

所詮その程度のアイデアや企画だということです(笑)

 

もし、「運を引き寄せたい」と思っている方は

まず、下記の段階を踏んでください。

 

1)

自分の考えやアイデアを、さし障りのない人にどんどん伝えて話しながら自分の頭の中を整理していく

 

2)

だいたい同じようなことを人に話している自分に気がついたら、紙にまとめてみる

 

3)

そのまとめたものを改めて開示して、周囲に意見を求めていく

 

4)

自分のアイデアや企画をブラッシュアップする

 

ここでのポイントは

「自分の頭の中で考えがまとまってから人に話そう 」

としないことです。

まずは、人へ話すことが先です。

すると、その自分の話に「意見」をしてくれたり、

的確な「質問」をしてくれたりして新たな気づきが得られ、

頭の中が整理されてきます。

ですから「自己開示」というのは単なる情報発信ではありません。

社長が幸運を引き寄せる行為なのです。

 

あなたも、ぜひ自分の「思い」や「アイデア」を、どんどん人に話をしてみてください。

きっと私の言っていることが分かっていただけると思います。

 

ブログ一覧へ戻る