「決断力」を研ぎ澄ますマインドセット

あなたは、業種・職種に関係なく

「成果はどうやってつくられるのか?」

「成果はどこからやってくるのか?」

この根本を考えたことがあるでしょうか。

 

決断力を磨くためには、

まずこの根本を理解する必要があります。

 

人の体が、

タンパク質や脂質・炭水化物といった栄養素から形成されるように

人の人生・仕事の成果は

「良い学び」 と 「良い言葉」 と 「良い思い込み」

を栄養素として形成されていきます。

 

どんな「言葉」「学び」「思い込み」が入っているかによって、

意識・無意識を含めてそれが行動に影響を及ぼし、

成果に影響を及ぼしているのです。

 

しかし、人は約98%が無意識の脳で決断していると言われています。

ですから、日々繰り返される決断の98%は、

その人の中に、どんな質の良い栄養である

「言葉」「学び」「思い込み」

が入っているかによって、

それが決断に影響を及ぼし、行動を変え、成果を左右しているのです。

 

人間の体と一緒です。

質のいい栄養を取れば健康な体が作られます。

質の悪いものばかり食べていると不健康な体になります。

 

同じように、質のいい栄養である

「言葉」「学び」「思い込み」

を取り入れれば、質のいい結果が出る体質ができます。

質の悪い

「言葉」「学び」「思い込み」

という栄養と取れば、質の悪い結果の出る体質になります。

 

組織の決断は、個の決断の集積ですから、

個々人が質のいい栄養である

「言葉」「学び」「思い込み」

を取り入れれば、組織全体の決断の基準が上がるので、

組織全体の行動の基準が上がり、結果が出やすい組織の体質ができます。

 

先週お伝えをしましたが、

人生(仕事)とは決断の連続です。

ですから、決断の基準をあげるために何が必要なのか。

 

それが、質のいい

「言葉」「学び」「思い込み」

なのです。

 

「決断の量」が「1日に成し遂げた仕事の量」です。

「決断の質」が「1日に成し遂げた仕事の質」なのです。

 

質のいい決断をするためにも

覚えておいてほしいマインドセットです。

 ブログ一覧へ戻る