リーダーのための「人づくり、組織づくり」に特化した日本一の教育機関を目指す!
経営者向けセミナー・講習会

第三章 部下を育てるには

2. 1人の部下でも本気でかかわる

リーダーは何人もの部下を相手にしなければなりませんが、それぞれの部下には真剣につきあうことが必要です。多忙ななかで何人もの部下に対応しなければならない――そんなときは、ていねいに対応することが面倒に思えるときがあるかもしれません。

しかし、これがよくないのです。リーダーにとってはたった1人の部下かもしれませんが、その部下の背後には最低でも10人の部下がいると思わなければなりません。

1対1でも真剣に話すと、本気でかかわることになります。すると、その部下は必ず同僚などに、そのとき話した内容や様子を伝えます。もしもリーダーに対して悪い感情を抱いている人がいても、話を間接的に聞くことによって、リーダーへの人間観が変わっていくこともあります。「案外いいやつだ」などと、誤解が解けることもあります。

ですから、リーダーにとってはたった1人の部下かもしれませんが、その後ろには多くの部下がいるということを心して、本気でかかわることが大事なのです。

たくさんのリーダーの方に読んでもらいたいのでシェアをお願いします。