上司学®で得られる3つの効果

上司として尊敬される人物像が形成できます。

部下との関係が改善され、部下が自らの目標に向かう努力を始めます。

目的達成のための理想的な組織作りが出来るようになります。

効果的に部下を伸ばし、組織を伸ばすためには「上司個人」「部下との関係」「組織」を変革することが必要になります。「反射の理」という言葉があるように、部下は上司を見て育ちます。 部下を変えたいと思ったら、上司であるあなたがまず、「上司とはどうあるべきか」という『ものの見方・考え方』を学び「最高の上司」になってください。

そして、部下との人間関係の改善を行います。どんなに素晴らしい教えでも、相手が心を開かなければ伝わりません。心を開かせるためには、部下を変えようとするのではなく、自然に『部下が自ら変わろう』という気持ちになっていく必要があります。そのためには、部下との関係を変えていく必要があるのです。「上司学®」では、コミュニケーション上のスキル・テクニックを学び、部下と「最高の関係」を築いて頂くためのサポートを行います。

この考え方を木に例えるならば、組織においては、根っこが上司、幹が人間関係、部下が枝葉となります。枝葉である部下が青々と茂っているかどうかは、根っこである上司がよい養分を吸い上げて、太い幹を通して、部下に送っているかどうかにかかってきます。そして、成果が実を結ぶには、木全体を健康に保つ必要があるのです。

「上司学®」で学ぶ3つのメソッドとは?