上司学のメソッド

上司学®メソッド体系

一度身につければ一生通用するスキルです

上司としてのものの見方・考え方が身につく

部下は上司を見て育ちます。部下を変えたいと思ったら、上司がまず、「上司とはどうあるべきか」という『ものの見方・考え方』を学び、「最高の上司」になる必要があります。


部下との最高の人間関係が構築できる

次に、部下との人間関係の改善です。部下を変えようとするのではなく、部下が自ら変わろうとしていくために、部下との関係を変える必要があります。コミュニケーション上のスキル・テクニックを学び、部下と「最高の関係」を築きます。


生産性の高い理想的な組織が作れるようになる

さらに、業績向上のためには、「最高の組織作り」について学び、部下の能力を最大限引き出し、組織全体の生産性を高めます。上司の最大のミッションは、「部下に目標達成をさせてあげること」です。このための具体的手法を伝えます。