『上司の「スピーチ力」アップ講座』最終回:人前で上手く話すこと=究極の自己満の実現

先日は

「上司の『スピーチ力』アップ講座」第16話として

≪部下の前で話すと、なぜリーダーシップが身につくのか?≫

と題してお伝えしました。

第1~16話をまだの方はこちら

https://www.leaders.ac/blog/

 

今日はその続きで、18話目にしていよいよ最終回の

≪人前で上手く話すこと=究極の自己満の実現≫

をテーマにお伝えします。

 

ここまで、17話積み重ねてきましたが、

この人前で話すことは、

究極の自己満を実現することだということがわかってきました。

 

この仕事を始めたころの試行錯誤の時期は置いておいて、

もっとも後悔をした企業研修がありました。

 

エージェントさんからいただいたお仕事だったのですが、

非常にお客様よりのエージェントさんで、

トレーナーである私に細かい注文を付けてきました。

私もエージェントという人たちと付き合って間もなかったため、

どのような付き合い方をしていったらいいのか、

よくわかりませんでした。

そして、簡単に言うと、

実績を積み重ねて信頼を得ることが大切だと思い、

いいなりになって、注文通りいろいろなことを取り入れました。

 

結果どうだったか?

まったく自分らしくやることができず、

下手な緊張もしてしまい、

お客様の評価はそこそこでしたが、

自分の望むような評価を得られず、

エージェント様の評価ももちろんダメダメで、

私の中での満足感は0に近いものがありました。

そして、そのエージェントさんからは

二度とお仕事が来ることはありませんでした。

 

何が悪かったのか?

答えは明白でした。

エージェントさんの言うことを聞きすぎて

やる前から、この内容で話をしたら、

満足度を高める自信がないと思ったままやったことでした。

結果的にはこのエージェントさんは

自分の言うとおりにやってくれるトレーナーが

好みだったのだと思います。

 

そして、その後分かったのです。

自分自身の満足感

   ||

お客様の満足感

  ||

エージェント様の満足感

だということを。

 

アンケートを見返すと、

自分の中での満足度か高ければ高いほど、

お客様の満足度が高いことがわかってきたのです。

 

更には、仮に残念ながら多少評価が低かったとしても、

自分なりに一生懸命やった感があれば、

後悔もないことがわかってきたのです。

やはり、自分らしくできなかった時の後悔は半端ではありません。

そういう意味で、

この仕事は究極の自己満なんだということがわかってきたのです。

 

ただし、

お客様の満足にフォーカスをして

自分の100%を目指すことが大切なのだということです。

 

それ以来私は、

「お客様に満足をしてもらうためにはどうしたらいいか?」

部下の前で話すのであれば、

「部下に満足をしてもらうためにはどうしたらいいか?」

結婚式のスピーチであれば、

「参列者に満足をしてもらうためにはどうしたらいいか?」

としっかりフォーカスを間違えずに

自己満に走ればいいということが分かったのです。

 

また、大切なことは、

「対象者の最後に持ってもらいたい感情は何か?」

ということです。

その感情を持ってもらうための構成と話し方をしていくと、

まず外すことはありません。

 

そういう意味では、

私はこれからも究極の自己満を目指して、

頑張っていこうと思っています。

 

8回にわたってお付き合いいただき、

ありがとうございました。

次回からは、また別のテーマでお話をしたいと思います。

 

人生1回!

あなたの人生に「作楽(さくら)」が咲きますように・・・。

 

一覧へ戻る