人は上司になるとバカになる

■「人は上司になるとバカになる」

これはある上司の行動をもじっている言葉です。

自分が部下だった頃、

上司にやられて嫌だったことを、

自分が上司になると

部下に同じことをしてしまっている上司を揶揄しています。

 

■「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

という言葉がありますが、

これは、熱いものでも飲み込んでしまったら、

その熱さを忘れてしまう。

つまり、

 

「苦しいことも、辛いことも、

過ぎてしまえば、

その苦しさや辛さ、

恩でさえも簡単に忘れてしまう」

 

という意味ですね。

 

■例えば、

元上司がバリバリの指示命令・パワハラ系で、

自分はそれを嫌だと思っていたにもかかわらず、

自分が上司になると同じように、

指示命令、パワハラをしてしまう。

まさしく、喉元過ぎれば熱さを忘れて、

上司としてバカになってしまった一瞬ですね。

ちなみに、私もその一人です(汗)

 

■言い訳をさせてもらえば、

会社としてそういう文化があったということと、

20代という若さもあり、

部下育成とかマネジメントとか

そんなことが全く分かっておらず、

ただただ人にフォーカスして

脅迫?恐怖?を中心とした

モチベーションを上げる?下げない?

マネジメントだけをしていました。

仕組みとか戦略とかからは

程遠いマネジメントです(汗)

 

■人は二つでしか動かないと言われています。

それは、

1)痛みからの解放

2)快楽の追求

まさしく、私がこの時やっていたマネジメントは

1)の痛みからの解放ですね(汗)

 

当時部下は

「怒られないように仕事しよう」

「怖いから仕事しよう」

「やることやらないとうるさいから仕事しよう」

「こいつに文句を言わせなように仕事しよう」

そんな状況だったのではないかと思うと

ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいです(汗)

 

*今日は(汗)が多いですね(大汗)

 

■当時の部下には申し訳ないことをしたと思いますが、

実は後悔はしていません。

あの時の自分としては

何をどうしていいのかわからなかった中でも

自分なりに精一杯やったという自負があります。

 

それをわかってくれていた部下がいたのか、

今でも交流のある部下がたくさんいます。

自分でいうのもなんですが、

それなりの「愛」は持ってやっていたつもりなんで(笑)

 

■そんな状態から私がどう変わっていったのか?

それを私の各種セミナーでお伝えしています。

もしよろしければお越しください。

 

一覧へ戻る