周囲を巻き込むマネジメント

仕事で成果を出していくうえでは

欠かせないスキルですよね。

 

「人は1時間ごとに約24分が人を動かすことに費やされている」

 

といったデータがあります。

約半分は人との交渉に使われる、

つまり、半分は人を巻き込んで成立しているのが

仕事だということになります。

 

■そもそも仕事で成果を上げていくために、

 

「なぜ、周囲を巻き込んでいく必要性があるのか?」

 

ということですが、

あなたはなぜだと思いますか?

 

それは、

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

 

『成果(目標達成)にレバレッジをかける』

 

ためですよね。

 

(この場合のレバレッジとは

小さな労力で大きな成果を上げることを指します)

 

自分一人では成しえない大きな成果を出すには、

成果にレバレッジをかけていく必要があるのです。

 

成果を出す究極のレバレッジは、

人をマネジメントすることです。

 

究極のタイムマネジメントは、

できる人の力を借りることです。

 

■『成果(目標達成)にレバレッジをかける』

とはどういうことか?

簡単にお伝えするのであれば、

・人に任せられることは人に任せる

・協力者を探し、協力を引き出す

・自分にない能力は、人から借りる

ということです。

要するに、

周囲を巻き込むための

マネジメントスキルが問われるところですね。

 

■では、目標達成する人は、

なぜ協力者を探し、協力を引き出すのが上手いのか?

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

私は、その理由は非常にシンプルだと考えています。

それは、一人では何もできないことがわかっているからです。

「人間一人で生きているわけではない」

と言われるように、

会社も一社で成り立っているわけではなく、

仕事も一人で成果を出し続けるには限界があります。

ある意味、一人で成しえる仕事など

たかがしれているのがわかっているからだと思っています。

 

■特に、世の中大多数を占める「凡人」と言われる人たちが、

自分の限界を超えるような成果を出すには

成果にレバレッジをかける必要があります。

 

何度もお伝えをしているので詳細は省きますが、

私は何の取柄も才能もない「凡人」の一人でした。

でも、今こうして少しは非凡な成果を上げてこられたのは、

まさしく、成果にレバレッジをかけてきたことが

すべてだと思っています。

 

私は今に至るまで、

何かしようと思ったときに、

「自分一人でやろう」

なんて発想すら持たず、常に、

「誰と組んでやろうか?」

そんなことばかり考えてここまでやってきました。

 

たぶん、そんなに考えがずれていなかったので、

今の私があるのだと思っています。

 

では、

 

「周囲を巻き込んで成果にレバレッジをかけていくために

具体的に何をしていったらいいのか?」

 

次回からその辺を少しずつお話をしていきたいと思います。

一覧へ戻る