経営者向けセミナー・講習会

「信頼関係」構築のためにすべき3つのこと:周囲を巻き込むマネジメント(6回目)

信頼関係の築き方には、

その関係性によって様々ですが、

先週は重要な3点の要素の一つ目、

1)自己開示

についてお話をしました。

今日は残りの2点についてお伝えします。

 

 

2)自分を信頼できる人間に育てる

この話は非常にシンプルです。

自分で自分を信頼できていないのに、

「人に信頼をしてほしい」

「人と信頼関係を構築したい」

なんてあまりにむしがよすぎますよね(笑)

 

 

3)相手の大切なものを大切にする

これは、

「部下の大切にしているものを大切にする」

ということです。

相手に関心を持ち、

何を大切にしているのかをしっかり理解し、

その大切なものを一緒に大切にしてあげることです。

 

例えば、自分は家族を大切にしているのに、

上司自身が独身だからと言って、

夜な夜な飲みに連れまわす上司、

奥さんや子供の誕生日にも、かまわずに残業を強いる上司と

あなたは信頼関係を築けるだろうか。

 

逆に、奥さんや子供の誕生日をどこで調べたのかちゃんと把握していて、

「今日は奥さんの誕生日だろ?

早く帰ってちゃんとお祝いをしてあげな」

とか言って、手土産の一つでも持たせてくれる上司と、

どちらに信頼を寄せるでしょうか。

 

あなたはサーフィンが大好きで、

休日はサーフィンをすることを楽しみにしているのに、

「そんな子供がやるようなスポーツやって

何が楽しんだ。

そんなことやっている暇があったら

少しは仕事のことでも考えて本でも読め!」

なんていうような上司と信頼関係を築けるでしょうか。

 

これが、相手が大切にしているものを

大切にしてあげるということです。

 

以上、信頼関係の築き方には、

その関係性によって様々ですが、

1)自己開示

2)自分を信頼できる人間に育てる

3)相手の大切なものを大切にする

の3点は重要な要素と考えています。

 

来週は、

≪信頼関係を劇的に変える、3つの捨てるべきもの≫

と題してお伝えをしますね。

一覧へ戻る