上司・部下の関係性の恐ろしい現実

上司・部下の関係性の恐ろしい現実とは何か?

それは、

 

仕事はできるが

部下との関係性はいまいちより

仕事はイマイチだが

部下との関係性が良好な組織の方が結果が出やすい

 

ということです。

そのために最も大切なことは、

上司と部下の信頼関係です。

社会の中で生きていく上で、

いかに周りの人と「信頼関係」を築いていけるか?

それはリーダーとして、

そして人として成功するため・幸せな毎日を過ごしていくためには

必要不可欠です。

なぜなら、成果にレバレッジをかけるために

周囲を巻き込む必要があるからです。

(成果にレバレッジをかけるとは、

少ない労力で大きな成果を出すということ)

そのために必要なことが信頼関係です。

 

信頼関係を築くことができれば、

仕事や人生が今よりも上手く行く可能性がグッと高まります。

なぜなら、信頼されると、

「お金」も「人」も「仕事」も集まる

社会循環があるからです。

その基本が「約束」です。

・約束した結果を出す

・納期や時間を守る

など、人としての基本的な「やる」といったことを

しっかりやり遂げることを「する」か「しないか」という話です。

 

この信頼関係が高まると起こる社会循環とは、

約束を守る

 ↓

信頼される

 ↓

仕事・お金・人・情報が集まる

 ↓

成長が手に入る

 ↓

成功が手に入る

というものです。

 

説明するまでもなく、

約束を守らないような人と

・一緒に働きたいと思いますか?

・何か情報を提供しようと思いますか?

・仕事をお願いしようと思いますか?

・お金を貸したり、投資したり、儲け話を持っていったりしようと思いますか?

・応援をしてあげよう!協力をしてあげよう!と思いますか?

そう考えていただければわかるように、

必須ではないですが

信頼関係を築くことができれば、

仕事や人生が今よりも上手く行く可能性がグッと高まりますよね。

 

この社会循環をおろそかにするかしないかで

仕事で成果を出していく上では

雲泥の差が出てくると私は考えます。

一覧へ戻る