経営者向けセミナー・講習会

フリーランス(個人事業主)が抱える4つのリスク

先週、歌手の西城秀樹さんが亡くなられてしまいましたね。

63歳だそうです。

僕が小学生時代に

はじめてあこがれた同性のアイドルだったので

何か感慨深いものがると同時に、悲しいです。

ご冥福をお祈りします。

 

人生いつ何が起きるかわかりません。

後悔しないように、大切に一生懸命生きないと、

と改めて思う今日この頃です。

ある意味、今日は歌手やスポーツ選手のような

個人事業主も含めての話しです。

 

私はフリーランス(個人事業主もふくむ)には、

人生4つのリスクがあると考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)死んだとき

2)仕事をやめてから死ぬまでの生活費

3)生きてるけど、病気やけがで仕事ができなくなった時

4)健康だけど仕事がなくなった時

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1)に関しては、

よくある生命保険や

富裕層の方はそれなりの貯金で何とかなると思います。

 

2)に関して、

人生100年時代と言われるように、

何もなければ仕事を辞めてから長い人生が待っています。

少しの貯金程度と、もらえるかわからない年金では

老後ひもじい思いが目に見えています。

であれば、

・逆算をしてしっかり貯金をする

・補えるような保険(積み立て式、年金保険など)の保険に入る

・死ぬまで収入のある仕事をする

・不動産収入のような安定収益を元気なうちに確保する

などの工夫が必要ですね。

 

3)に関しては、

「所得補償保険」という保険があり、

何かあった時にある程度の収入を補填してくれる保険があるので、

そういった類の保険で何とかなるかもしれません。

また、2)でお話をした、

不動産収入のような安定収益を元気なうちに確保できれば

こちらも何とかなるかもしれません。

 

4)に関しては、

仕事がなくならないように、

自助努力でなんとかしていくしかないですね。

と同時に、70歳くらいまでは働くイメージの持てる

仕事をする必要があるかもしれん。

または、これも同じで、

不動産収入のような安定収益を

元気なうちに確保する必要があるかもしれません。

 

私も保険には正直あまりいいイメージを持ってなかったので

無保険状態で長くいましたが、

早くから将来を考えて手を打っておくことは必要かもしれませんね。

 

安定収益を得るために不動産を買うと一言で言っても、

お金もかかりますし、

今マーケット的には高止まりしているので、

次の不況が来た時に人生のインフラを作れるような準備を、

今景気のいいうちにしておく必要があるかもしれません。

一覧へ戻る