経営者向けセミナー・講習会

長期的に成長し続ける会社の社長は、何に時間を使っているのか?

社長であるあなたは、毎日何の業務に、

どのくらいの時間を使っていますか?

少し考えてみて下さい。

 

なぜ、このようなことを質問したかというと、

多くの社長が間違った時間の使い方をしているからです。

こういった質問をすると営業や事業開発、

財務のことなどに多くの時間を割いていると答える方が多いです。

極端な話、

「営業に90%時間を使っています」

と回答する社長もいるくらいです。

たしかに、営業や事業開発など、

会社経営において大切ではあります。

 

しかし、

長期的に成長し続ける会社の社長は

皆あることに多くの時間を割いています。

このことに時間をかけている会社の社長は、

たいていの場合、上手くいっています。

それは何か。

 

ということをお伝えする前に、

次の事例を見てください。

 

電力事業や航空・ヘルスケア事業を営む世界的な企業、

GE(ゼネラル・エレクトリック・カンパニー)の例です。

1878年にエジソンが創業したGEは、

時代の変化に対応しながら持続的な成長を続け、

常に世界時価総額ランキングに上位ランクインしている企業です。

そんなGEの前最高経営責任者ジェフリー・イメルト氏は、

毎週金曜日の夜は必ず、

将来の時期リーダー候補250人の中の1人と、

1対1で夕食を共にしていたといいます。

250人全員と会食するためには

5年以上の月日がかかりましたが、

それを行ったおかげで、

イメルト氏の頭には、

「彼はどのような経験をしてきたのか」

「どういう仕事が得意なのか」

「人間性はどうなのか」

といった情報が常にインプットされていました。

 

そのためGEでは、

「この新規プロジェクトは、かつて○○の事業を

立ち上げて成功させた経験のある彼に任せよう」

「このプロジェクトの後任は、

○○における経験値の高い彼に任せよう」

など、常に短時間で最適な人的配置が行えました。

 

このことは元会長のジャック・ウェルチ氏が

トップを務めていた時代からのやり方を踏襲したもので、

これが、GEが長期的な成長を続ける大きな要因のひとつでしょう。

つまり、会社を持続的に成長させるためには、

自社の「人的資源」を最大限に活用することが重要で、

経営トップが人事に相当な時間を費やさなければならない、

ということを示しています。

 

このことはマッキンゼーの日本支社長を経て、

現在ではビジネス・ブレークスルー大学の学長を務める

経営コンサルタントの大前研一氏も

「基本的に経営陣と管理職は、

最低でも自分の時間の20%を人事のために使うべきだ」

と話しているとおり、

会社を持続的に成長させていくためには、

人事を人事部長など他人任せにすることなく、

社長自らが力を入れないといけないのです。

 

あなたは、自社の社員1人1人、特に時期リーダー候補について、

以下のようなことを把握していますでしょうか?

・これまでどの部署でどんな仕事をし、どのような成果を出した社員なのか

・これまで上司、部下との関係は良好だったのか

・今後、どのような仕事に携わりたいと思っていて、

そのためにどんなスキルを身につけようとしている社員なのか

 

もし、これらのことを把握していないのであれば、

会社を持続的に成長させるために今からでも良いので、

人事に社長自ら力を注ぎましょう。

そうすれば、自ずと最適な人的配置ができるようになるでしょうし、

その結果として、各部署やチームの力の底上げや、5年、10年と

長期的に成長し続ける強い会社作りが可能になるのです。

一覧へ戻る