リーダーのための「人づくり、組織づくり」に特化した日本一の教育機関を目指す!
経営者向けセミナー・講習会

受講生の声

社長・経営者向け研修

セミナーを受講された皆様のご意見、ご感想をご紹介しています!

組織づくりの12分野(2019年3月18日)
第一回から一貫して「ビジョン」「経営理念」が大事だと感じた。判断基準にもなり得るということは初めて気が付いた。 プロ紺分析やPPM分析など、頭の中で考えるのではなく可視化することで共有できるかつ適切な判断が出来ると知った。会議の中でもやってみます。 組織の決断の平準化をはかる4つの質問 では、判断出来るだけでなく自分の業務と、会社・社会とのつながりを認識することができ、一人一人のやる気を上げられる効果もあると感じた。 面談のなかで実施します。 部下の問題を決断する=親が子どもの宿題をやってあげている という例えは分かりやすかった。育成責任者への研修の際に真似させていただきます。


組織づくりの12分野(2019年3月18日)
「決断力」の研修でも「こと」と「人」を結びつけないとあり、その重要性を改めて感じました。繰り返し出てくるキーワードは普段から意識付けをし、現場にも落とし込んでいます。部下の意識の中にも少しづつ浸透することで職場環境は良くなると思います。  研修で学んだことは現場に落とし込み、これからも職場全体で取り組めるように自身が体現していきます。実践することが大切と考えます。


組織づくりの12分野(2019年3月18日)
今回も大変勉強になりました。ありがとうございます。 社員の決断の平準化をはかる4つの質問や、2軸のマトリクスは、すぐに思い出せるよう見えるところに張り出し、習慣化できるまで、都度思い出して考えるようにしていこうと思いました。 今度ともよろしくお願いいたします。


組織づくりの12分野(2019年3月18日)
リーダーズアカデミーにお世話になり約3年になります。 その中で「リーダーズアカデミーでの学びとは?」を伝えるため、あるいは今日の3時間に集中させるための“仕掛け”を今日は動画という形で仕掛けられました。 お話されていることはセミナー内でも話されていますし、文書でも配布されています。 頭に入っているつもりでも、普段とは違った仕掛けをしていただいたことで新鮮な気持ちで受講しました。 言葉を武器に、伝わるように伝えることを実践するということを嶋津先生の動画で体感できました。 私もこういう仕掛けが組織に対して出来るよう、質の良い決断をしていきたいと思います。 ありがとうございました。


組織づくりの12分野(2019年3月18日)
リーダとしての行動の起こし方、回りへの影響力について考えさせられた良い機会になりました。部下、後輩へ「責任」というものを認識させることは、なかなか難しいことではありますが、難しいからと言って諦めずに、部下、後輩、そして自分自身の成長のために、行動し続けたいと思います。また、学ばせていただいた中から継続して行動していくものとして、「決断の際には目的を具体的にする」ということを実施します。「目的」を考えることができれば、道が大きくそれることは無いと思いますので、チーム全員で実施していきます。


組織づくりの12分野(2019年2月21日)
最近は相手に心を奪われていることが多いなと思います。ムダな時間を過ごすなら、1つでも多く課題をクリアしたい…だけど気持ちのやり場が分からない…と、結局ムダの堂々巡りをしていたなと考えさせられました。今回、意味付けを覚えたので、日々のパフォーマンスを高めるためにも思考の訓練を継続したいと思います。また次回もよろしくお願いします。


組織づくりの12分野(2019年2月21日)
自分にとっての「当たり前」と相手にとっての「当たり前」はリンクしないことがほとんどで、意味付けによって起こった出来事が変わってしまうこと、頭でわかっていても改めて研修で学ぶことで再認識ができました。またフォーカスは「どうにかなること」にフォーカスすべきで、「どうにもならないことに」はフォーカスをしない。とても分かりやすく納得と思える内容でした。ここにも「人」と「事」を分けるという、繰り返し学んでいるキーワードが出てきました。現場でも「人」と「事」を結びつけず、「事」にフォーカスをしながら現場をまとめていきたいと思います。


組織づくりの12分野(2019年2月21日)
多変有意義な時間となりました。「感情はコントロールできる」。なんとなく意識的にポジティブシンキングとしてやっていた部分もありましたが、改めて学習することで、本質を理解することができました。また、自分の「普通」は他人にとって「普通」ではない、その逆もまた然りという点についてもハッと気づかされました。つい自分の物差しで、自分が正しいとの前提で物事を見てしまう。まずは相手の言動に対して、なぜそうなった/言ったのかの理由を見出すことから始めてみたいと思います。


組織づくりの12分野(2019年2月21日)
私は社員や家族に対し、勝手に期待をよせ、自分の価値観やルールに沿わないことを否定し、従わせようとしていたことに気づいた。そのために怒りというエネルギーを利用していたのだと思う。まるで北風のように強引だった。
これからは、
1)人の価値観を尊重し肯定する
2)人に見返りを期待せずに与えられるようになる
3)自分に対して怒りを表出する許可を簡単に与えない


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
今回の講義内容で、いかに自分が日頃から「被害者」の考えをしてしまっているかを、改めて考えさせられました。また、自身が果たすべき4つの責任のうち、自分は今、どの責任を果たせているのかも深く考える、良い機会をいただきました。現在は毎日、会社で同じ部署の者で朝礼、週1回のMTGを実践しています。今後も継続しながら、更に精度を上げて、自身、更には周りの人達の成長につなげていきたいと思います。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
「したい」ことより「すべき事」を優先し組織をまとめていくリーダーに必要なのは「感情」「時間」「欲」「健康」の4要素をコントロールの責任を持つことであり、それにより組織で成果を出し続けることができる。自身の果たすべき責任のために先ずは「やらないことの順番」を決め、少ない時間で多くの成果を組織として出せるように取り組みます。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
今回もありがとうございました。①大切なことに時間を使うこと(大切なものを大切にする生き方)知っていても出来ていない自分に気が付きました。タイムスケジュールに大切な仕事にマーカーを引き、どれくらい時間を使えているのか知る事から始めます。②自分の自由な時間をまとめて取るスケジューリング再度エンジンをかけるのに時間がかかっていました。火水木・中時間をまとめて取ります。スケジュールをコントロールします。③1年の計画を11か月で立てる不測の事態や突発事項は発生するものと考えて、行動計画を立てること。120点を取る行動計画にする。期・月間・週間・日々の計画立てに活かし、今日から実施します


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
ありがとうございました。最近は相手に心を奪われていることが多いなと思います。ムダな時間を過ごすなら、1つでも多く課題をクリアしたい…だけど気持ちのやり場が分からない…と、結局ムダの堂々巡りをしていたなと考えさせられました。今回、意味付けを覚えたので、日々のパフォーマンスを高めるためにも思考の訓練を継続したいと思います。また次回もよろしくお願いします。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
昨年から今現在、会社としてのこれから10年・20年・50年先を見据えた大きな変革期を迎えていて、大袈裟ではなく「決断」しなければならない事が毎日のように沢山あります。そのたびに何か決断をする為の大きな柱が欲しいなと思ったり、ぶれない指針とはどんなふうに確立すれば良いのだろうと常々不安になるたびに思っておりました。そして今回嶋津先生のセミナーを聞きながら今までになく大きな納得感・満足感がありました。決断する為の考え方や決断の先にある着地点など、今までそれが見えなくて、解らなくて常にモヤモヤ不安定だったんだなという問題の核心が見えたような気持でした。本当に有難うございます。私だけかも知れませんが、経営者となる方々は少なからずこういった「決断するためのマニュアル」の様なものを無意識に求められていると思います。今回のセミナーを聞いていてそれは分厚い指南書ではなく、生き生きとした生の声、考えさせて下さる問い掛けと1人1人が自分で掴める答えの源、だと思います。リーダーズアカデミーに出会えて本当に良かったと心からこのご縁に感謝しました。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
先般11月22日の12分野セミナーに於きましてもたくさんの気付きや背中を押して頂くようなヒント満載で3時間があっという間で、大変勉強になりました。毎回名古屋から参上する甲斐のある充実した時間を頂きこのようなチャンスを頂けたこと、心から感謝致します。本当に有難うございます。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
前回、今回とセミナーに参加して嶋津先生のお話を伺う中で、私の中でずっと以前から燻っていた「不安」や「疑念」或いは「諦めてしまっていた夢」や「目標」「目的」そして「使命」などなどに就いて、考える機会や時間が出来ました。それは今までの日常では得られなかったもの。セミナーに向かう名古屋⇔東京間の距離と時間です。少しはその辺りを狙って受講し始めた訳ですが周りからは無駄で贅沢な時間と思われがちですが私にとっては思いの外、充実した「思考タイム」を得た気がします。そして前述の諸々のネガティブ要素について考える内にまだまだ私が平取だった頃に思っていた「目標」を再度掲げてみたいなと考えるようになった次第です。今は息子が後継者として私の傍らを走ってくれています。試行錯誤しながら、悩みながら、困惑しながら、かつて父の傍らを走っていた私のように。ですから尚更、私も再度大きな夢と目標を掲げて一緒に走りつつ、いずれ渡すバトンをもう少しだけ大きくて誇らしいものに出来たらいいなと考え始めています。出来るかどうかは今の段階では皆目解かりませんが新しい「目標」を持てた事はとても嬉しいと思います。そしてそれに向かって更に走り続ける「希望」も出来ました。そこで改めて読ませて頂きたい「小冊子」です。まだ上場なんて夢のまた夢ですが・・・先ずは10人足らずの社員を抱える中小企業から目指すは100人の精鋭を抱える企業に!日々勉強、日々気づきながら邁進します。今後とも宜しくお願い致します。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
6月に開催されましたセミナーがご縁で今回の組織づくりの12分野セミナーに参加させて頂きました。丁度弊社も古い組織・体質から新しい組織・体質へと変革していく必要を感じている所でしたので嶋津先生のお話は心に刺さるモノでした。組織を変える為に1番変わるべきは社長であり、幹部である事は解っていますが中々実行に移せない。企業として目的に向かう時に同じベクトルを持つ部下が共に走ってくれなければ叶わない事も解っていても、どう導いていいのか解らない。そんな漠然とした悩みや不安、モヤモヤ感が明確になり、「こうすべき」と言う指針を頂けた様で大変勉強になりましたし、改めてやる気が湧いて来ました。少し詰めて勉強させて頂きたいなと思っております。又、可能な限り次世代の後継者とセミナー参加をさせて頂いて、意見交換や考え方のシェアが出来たらと思っております。今回のセミナーで「実践しよう」と決めた事は先ず部下とビジョンの共有をしてその実現の為に今すべき事を見付けるワークをコツコツやりたいと思っています。まだ自分の中で消化しきれていないセミナー内容をよく咀嚼した上で部下とも共有して行くところから始めようと考えております。今回は貴重な機会を頂き、本当に有難うございました。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
弊社でも人事制度を新しく導入し「人を育てる人を育てる」ことをモットーにスタートしております。またいつも島津先生が仰ることが100%理解でき本当に興味深く受講させて頂いています。また自分たちが目指している事が正しいことなんだと思わせて頂いて嬉しくもなります。一言一言を噛みしめながらお話を聞かせて頂いており感謝しております。3時間でも5時間でも楽しく聞かせて頂いており今後もしっかり学ばせて頂き会社創りに役立てたいと思っています。来月も楽しみにしております。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
本日もとても楽しい公演を聞かせて頂き、ありがとうございました。11月から参加させて頂き、今回が2度目の参加でした。こんなことを私が言える立場でもないのですが、今まで何度かセミナーや公演に行かせて頂いた事があります。ですが、とてもつまらなかった という感想です。型にはまったような話し方、SNSでも見れるような内容、ダラダラ話をしているだけで刺激にもやる気にもならなかった というのが本音です。悪口のようになってしまって申し訳ありません。リーダーズアカデミーに参加させて頂いたのも、最初は会社のものから誘われたのがきっかけです。ですが嶋津先生の本をたまたま読ませて頂いたことがあり、この方のお話なら直接お聞きしてみたいな と思いました。まだ参加せて頂き2回目ですが、本当に沢山のことに気が付きました。まず公演やセミナーがつまらない と決め付けていたこと、固定概念がなくなりました。笑月に1度の公演を聞きにいくことが今の私の楽しみになっているので、嶋津先生に感謝しております。来月も楽しみにしております


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
信頼を得るために当たり前とされる事を当たり前にやる事。それをすぐに発揮できるほど自分の中に落とし込む事。これを行えるように、繰り返し言葉にし、意識に叩き込む事が必要だと分かった。常に意識して実践できるように進めて行きます。


組織づくりの12分野(2019年1月17日)
部下、取引先との信頼関係はそこそこ出来ていると思っており特に意識していませんでした。今回のセミナーで特に苦手なタイプを避けていることに気づかされ絶えづ意識して改善しようと思いました。今後いろいろと頂いた気付きを実践する必要性を感じました。大変有意義なセミナーに参加させて頂き有難うございました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
先ずは今回のセミナーでは今まで頭では解っていたことを改めて教えて頂き、 最も大切な事をすっかり失念していた今の私自身の「やるべき使命」に気付かせて頂きました。 丁度隣席のご縁に在りました方とも「これからも是非色々私ども管理職がどのように組織を形成すべきか、 やらなくてはいけない事柄、次世代の管理職の育て方などディスカッションしましょう!」 と言う事で昨日までは全く存じ上げなかった方々とお話出来る機会も出来ました。 そして私自身、先ずはスタッフ皆と兎に角話す!伝える!彼らの想いを受け止める! そう言った事を1つ1つこなそうと思って今までは月1回の全体会議をやっておりましたが、 もう少し細分化してみんな1人1人と話し合う機会を月に1~2回は持てるようにと思っております。 滞っていた弊社の空気が少しずつ前に、未来に、みんなで動かしていけたらと思います。 今回のセミナー受講の機会を頂き、そして嶋津先生に出逢えた事に本当に感謝いたします。有難うございました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
人を育てる、人が育つための本質のようなものを感じることが出来ました。 リーダー、上司が根っこになりどれだけ実のなる栄養を吸収し、送り続けるか。分かりやすかったです。 現在、弊社では社員同士、相手の表情、言葉、仕事ぶりの素敵なところや感謝したことを カードに書いて渡すことを続けていますが、上司として更に笑顔と感謝の出来る環境作りを考えていきます。 貴重なお話をありがとうございました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
『「人を動かそう」と思うこと自体、おかしい! 部下が自ら動こうとする環境を作ることが大切』 →今日から、常にこの言葉を頭に入れて行動します。


組織力養成講座(2017年2月2日)
伝わるように伝えることなど、頭になかではわかっていても実行できていないことを改めて認識できました。 最初に出てきたアウトプットとインプットの話が、 部下とのコミュニケーションや育成のためのポイントと繋がっていてなるほどと思いました。 嶋津先生の話し方やアクションなども参考になりそうだと感心させられました。 また復習していき、必要があればまたセミナーに参加も考えたいと思います。 ありがとうございました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
忘れていたことを思い出させてくれた講演ですごく良かった。 分かりやすい説明で浸み込むスピードは早かった。 伝えるという事に対し真剣に考える! 今日から実践する予定。


組織力養成講座(2017年2月2日)
目的と目標の再確認。 伝えると伝わるとの違い 全社員が目的を理解することの大切さ などを実践します。


組織力養成講座(2017年2月2日)
部下の考え、想いを理解し伝えたつもりにならないように私から距離を近づける努力をする。 こちらが私の課題です。


組織力養成講座(2017年2月2日)
リーダーとは「人を育てること」という点は、非常に共感が持てた。 日頃の忙しさや、数字に目を奪われ一番大事なことが後回しないなっているのが現状である。 今一度初心に戻り実践していきたいと思慮する。 コミュニケーションが会社にとっていかに重要か理解しました。 また、何よりも自分の人格を磨くことで、組織全体が変わるのだと気付きました。 ありがとうございました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
部下との間で「見ている景色」を一致させるため、『なに』と『なぜ』のコミュニケーションを意識して実践する。 分かり合えないことを前提として、「伝わっているか」を確認する作業を地道に行う。 結果の質を問い正すことがバッドサイクルにつながることを意識し、関係の質を高めてグッドサイクルにつながるようにする。 部下との関係性の質を向上させることが、組織の成果の質を上げることにつながる点を意識し、日頃の言動に注意する。


組織力養成講座(2017年2月2日)
本人が納得できる目的を設定すること、それを確認し、共有すること。 そのためにスタッフとのレビューを徹底的に、相手が理解するまでやることが必要だと思いました。 レビューのやり方を変えようと思います。


組織力養成講座(2017年2月2日)
部下とのコミュニケーションの在り方、信頼関係の作り方、目的と目標の関係について とてもわかりやすく解説いただいて参考になりました。 数々の「こんなstory」というのが理解を後押ししてくれました。ありがとうございました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
自分自身が見ようとしているものを部下にも見えるようにして、 組織の力を発揮できるように意識して行動していきます。 ありがとうございました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
欲しい成果に対して必要な言葉を使う! 自分の発する言葉の意味、重さ、そして何より分かり合えない事を前提に、 相手に伝わり理解してもらえる事(伝える⇒伝わる)をしっかりと意識して実践します。 ありがとうございました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
「言葉が現実をつくる」という話が印象的でした。 欲しい成果に対して必要な言葉を意識して行動したいと思います。 また、目的をしっかりと定義し意識することが欠けていました。 目標と目的はセットで考えて意識するようにし、部下にも目的を持って仕事ができる環境作りをしていきたいと思います。


組織力養成講座(2017年2月2日)
著者を見ないで本を買っていたので、昨日まで気づいていなかったのですが、 嶋津先生の書籍は3冊も読んでいました。 そんな方の講義を受けることができてとても嬉しく思いました。


組織力養成講座(2017年2月2日)
今後、弊社の代表やほかの管理職にもぜひ受講してもらいたいと思っています。


組織力養成講座(2017年2月2日)
本日はひとまず昨日のシェアを社内にして、 なに?なぜ?の なに?はすでに実践済なので、 なぜ?にも光を当てていきます。


組織力養成講座(2017年2月2日)
優れたリーダーは伝え上手、言葉を大切にする。 言葉が現実を作ることがよくわかった。 今日から変えていきます。


仕事の任せ方 虎の巻 (2016年11月22日)
これまで部下数名が参加させていただいておりましたが、今回初めて私が参加させていただき、大変感銘を受けました。現在の法人の状況において、まさにタイムリーな内容であり実践に向けて添ったアドバイスをいただけたと思います。まずは、研修内容を部下と共有しこの後の進捗に「演習手順」を取り入れていきたいと思います。また、日頃から発する言葉を研ぎ澄まして大切にし、不要な言葉を発しない様に実践していきたいと思います。ありがとうございました。


仕事の任せ方 虎の巻 (2016年11月22日)
任せ方は非常に苦労していますが、本当にわかりやすく学べた。セミナーや研修を受ける上での大事な事まで教えていただけて良かったです。


仕事の任せ方 虎の巻 (2016年11月22日)
自身の部門目的・ビジョンを再設定している真っ最中の当講座。リアルタイムで実践できると感じました。早速、否定的意見・肯定的意見の2つに分かれて討議を尽くしていきたいと考えています。


仕事の任せ方 虎の巻 (2016年11月22日)
言葉の伝わり方で現実が変わる事を認識いたしました、場合によっては目線を下げて本来思う事とは違う言葉を使っていましたが、相手により(沸点が違う)、本質は変えないで言葉を工夫して変えて使って行こうと思います。


仕事の任せ方 虎の巻 (2016年11月22日)
日々の業務、スタッフとの会話に、良い言葉を使うよう心掛け言葉の力を活用していきたいと思っております。次回ミーティングのより、会社のビジョンについて、ディスカッションをしていきたいと思います。


経営目標を「達成できる社長」×「達成できない社長」(2016年4月12日)
上司(自分)がしっかりした方向を考え見て決めて、 部下へ「伝わる」を楽しめれば職場が変わるのではないかと感じた。 部下にはわからないように、早速できるところからスタートしてみようと思った。


経営目標を「達成できる社長」×「達成できない社長」(2016年4月12日)
日頃考えていることを再整理するよい切っ掛けになりました。 ・上司の成長は、売上数字ではなく部下の成長で計る ・部下ががんばる理由を明確にしてあげるが、特に参考になりました。