研修プログラムのご案内

研修 ~階層別~

リーダーシップ・部下育成・チームビルディング (上級管理職向け)

学習の狙い

 リーダーの役割は「成果の最大化に向けた組織形成」です。そのために、チームメンバーとコミュニケーションを通して関係を構築していく必要があります。そこに必要なのがリーダーシップです。チームが勝てるチームに変わるかどうかは、リーダーで決まります。そしてそのリーダーの質は、ビジョンで決まります。ビジョンの質が高ければ、チームは主体的に動き出します。質の高いビジョンの共有が、組織を進化させます。成果を出せるチームのリーダーになるには、関係者とコミュニケーションを取って、目指すビジョンに共感し、モチベーションを高めてもらわなければなりません。そのための具体的育成方法と指導力強化について学んでいただきます

学習目標  

チームビルディング
目標達成のスキル
部下との効果的かつ効率的なコミュニケーション
部下のモチベーションアップ  

用途

昇格者研修、リーダーシップ研修、 管理職研修など

受講対象者

管理職(部長・課長)、プレイングマネジャーなど 部下を持つ上級管理職の方

対応時間枠

研修形式 終日~2日

学習内容一部紹介  

1)リーダーのための絶対目標達成!周囲を巻き込むコミュニケーション
 目標達成する人は「なぜ協力者を探し、協力を引き出すのが上手いのか?」。それは、一人では何もできないことがわかっているからです。「人間一人で生きているわけではない」と言われるように、仕事も一人で成果を出し続けるには限界があります。人に任せられることは人に任せる、協力者を探し協力を引き出す、自分にない能力は人から借りるなど、成果にレバレッジをかけるために、周囲を巻き込むコミュニケーション手法を学んでいただきます。

2)組織の成功循環モデル(強い組織を作るために)
 リーダーシップを発揮するにあたり、周りの人たちと価値観を共有したり、目的や目標を共有したりすることは非常に大切です。「あなたが売っているものは何ですか?」「お客さまへの最高のリスペクトは?」「部下への最高のリスペクトは?」「働く理由、がんばる理由の共有」などを組織力発揮のための基本を講義とワークを通して考えていただきます。

3)ビジョンを語り・共有する
チームが勝てるチームに変わるかどうかは、リーダーで決まります。そしてそのリーダーの質は、ビジョンで決まります。ビジョンの質が高ければ、チームは主体的に動き出します。質の高いビジョンの共有が、組織を進化させます。ビジョンの質と伝え方が、リーダーの質を決めます。明確なビジョンを描き、何度も、何度も、伝える。理解されるまで、実行を徹底させるためのワークをします。

4)まとめ、アクションアイデアシートの発表、アンケート

リーダーシップ・部下育成・チームビルディング(若手管理職向け)

学習の狙い

成果を出すためには、部下や他組織、取引先などの協力が欠かせません。よって、突き詰めると、組織力(部下をいかに早く育成するか、他組織や他人の力を使って1+1を3にしていくかなど)を使って、仕事を効率的に進められるかのリーダーシップにかかっています。部下と効果的かつ効率的にコミュニケーションを取っていくかは、仕事で成果を出すうえで非常に重要です。「忙しいから部下を育てる時間がない」ではなく「忙しいから早く部下を育てて部下の力を借り、成果にレバレッジを掛ける」のです。

学習目標  

主体性を発揮した問題解決手法
優れたリーダーの行動
メンバーとの効果的かつ効率的なコミュニケーション

用途

昇格者研修、リーダーシップ研修、 管理職研修など

受講対象者

管理職(部長・課長)、プレイングマネジャーなど 部下を持つ上級管理職の方

対応時間枠

研修形式 終日~2日

学習内容一部紹介  

1)リーダーシップを発揮して成果を出すために必要なこと
リーダーシップを持って仕事をするために必要なたった一つのこと。それは周囲から「信頼」されることです。信頼のないところにリーダーシップは成立しません。「信頼されるとはどういうことか?」、「組織の中で信頼されるためにどういう行動を増やしていくべきか?」を講義とワークで学んでいただきます。

2)モチベーションが上がる!やる気の出る!仕事の与え方
部下にやる気を持って仕事に取り組んでもらうために、効果的な仕事の与え方、コミュニケーションの取り方を学ぶ。人は自分がやるべき仕事に見通しがつかないと、不安になります。行動力が落ちます。そこで、上司学流「やる気の出る仕事の与え方7ステップ」を通して、仕事の与え方についてスキル演習と講義を通して学んでいただきます。

3)リーダーシップコミュニケーション
やってしまいがちな「伝えたつもり」の指示をワークで体感し、「伝わる伝え方」のポイントに気づく。その気づきを基に、実際にコミュニケーションをする際に気を付けるポイントや今後への活かし方をまとめて実務に繋げるワークを行います。コミュニケーションで重要なことは、コミュニケーションが成立していると勘違いしないことです。コミュニケーションの目的は「伝えること」ではありません。「伝わって相手の行動に変容を起こさせること」これが目的です。「伝える」コミュニケーションではなく、「伝わる」コミュニケーションの取り方について学んでいただきます。

4)まとめ、アクションアイデアシートの発表、アンケート

全米が泣いた!ビジョナリーリーダー研修

学習の狙い

一般公開されている映画を観賞しながら、物語をベースにリーダーシップを学ぶ、新しい研修「ストーリーメソッド」です。単なる理論やデータだけではなく、映画作品の中の「物語」を通じて、リーダーシップを学ぶことで、ビジネスのパフォーマンスが長期にわたって向上し、リーダーが変わり、社員が変わり、組織がよくなるきっかけを提供します。ビジョンを語り、チームを動かすリーダーシップを学んでいただきます。

学習目標  

チームビルディング
目標達成のスキル
部下との効果的かつ効率的なコミュニケーション
部下のモチベーションアップ 

用途

昇格者研修、リーダーシップ研修、 管理職研修など

受講対象者

管理職(部長・課長)、プレイングマネジャーなど 部下を持つ上級管理職の方

対応時間枠

研修形式 終日~2日

学習内容一部紹介  

1)リーダー就任には、「ブラガブルズ(自慢できること)」が有効リーダーを受け入れるには、理由が必要。チームメンバーは、正統性と納得感を求めている。納得できる正統性。ブラガブルズ。あなたが、リーダーになる「正統性」は何か?日々、「作業」ではなく、「成果」に目を向け、形に残る実績を残しておく。

2)成果の最大化に向けた組織パフォーマンスの測定
 成果の出せるリーダーは、数字にこだわる。数字は、計測されると改善される。リーダーが定める数字(努力の焦点)で、組織が変わる。リーダーが数字の達成に「本気」だと、皆が本気になる。数字がフォーカスを生む。勝てるチームは、「努力の焦点」が明確になっている。何を達成したら、勝てるのか、そのデータ項目と目標数字を明確に設定する。何をがんばったら報われるのかが分かれば、人は動く。

3)ビジョンを語り、メンバーのコミットメントを高める
弱小チームが勝てるチームに変わるかどうかは、リーダーで決まる。そしてそのリーダーの質は、ビジョンで決まり、それは誰でも学べる。ビジョンの質が高ければ、チームは主体的に動き出す。質の高いビジョンの共有が、組織を進化させる。ビジョンの質と伝え方が、リーダーの質を決める。明確なビジョンを描き、何度も、何度も、伝える。理解されるまで、実行を徹底させる。

4)まとめ、アクションアイデアシートの発表、アンケート

研修 ~テーマ別~ 

怒らない技術~人生・仕事の成果を劇的に変える~

学習の狙い

「イライラしたり、ムカッとするようなことばかり毎日起こるのかな・・・」「職場の雰囲気もいつもギスギスしていてなんかやだな・・・」と思ったこともあるのではないでしょうか。怒りたくて怒っている人はほとんどいません。多くの人は、怒らずに済むなら怒りたくないと思っています。「怒り」や「イライラ」といった感情をなくすことは基本的にできません。しかしながら、これらの感情をコントロールすることはできます。仕事には「イライラ」が付き物ですが、高いプレッシャーの中で、この感情を上手にマネジメントできることこそが、真のビジネスパーソンとして第一歩かもしれません。セミナーでは「心」や「感情」をコントロールすることの重要性と簡単な方法をお伝えします。「心」や「感情」をコントロールできれば、人生・仕事の成果はコントロールできるのです。感情の中でも、特にマイナスな結果を引き起こす原因となる「怒り」に正しく対処することで、健全な人間関係を作り上げる知識・技術を習得して頂きます。

用途

パワハラ対策、メンタルトレーニング、感情マネジメント、コミュニケーション能力強化

受講対象者

全てのビジネスパーソン、特に部下を持つ上司の方や顧客接点の多い職種(カスタマーセンター、顧客窓口、学校、病院、営業など)に最適です。

対応時間枠

研修形式 終日~2日

学習内容一部紹介  

1)怒りの生まれるメカニズム

 ・怒りの正体
 ・人はなぜ怒るのか?
 ・怒るという心の状態
 ・怒ってはダメなのか?
 ・怒りって悪いもの?
 ・怒りの重い対価(失うもの)
 ・怒りをなぜコントロールしたほうがいいのか?
 ・怒らないことが、なぜ、仕事や人生の成果を変えるのか?
 ・成果決定のプロセス
 ・微差僅差の法則
 ・人生の創造 

2)怒らない技術具体的な14のスキル
 ・怒らない技術の「対処法」と「体質改善」
 ・怒りは幅の広い感情
 ・怒りの対処法具体的14のスキル

3)怒らない技術の本質
 ・ソリューションフォーカス(解決集中型)
 ・怒りのコントロールの原則
 ・怒らないとストレスは溜まるの?
 ・上手な怒りの伝え方
 ・怒りの伝え方のポイント
 ・それでも怒ってしまうあなたへ
 ・リーダーが犯すよくある勝手な思い込み
 ・コミュニケーションで重要なこと
 ・コミュニケーションが成立していると思う勘違い
 ・上司、部下の人間関係に関する現状
 ・コミュニケーションの質を劇的に変える2つの方法
 ・「伝える」から「伝わる」コミュニケーションへ

目標を「達成する人」と「達成しない人」

学習の狙い

目標を達成するためのコツというものがあります。
それは目標の立て方だったり、アプローチだったりしますが、それ以前に目標達成するための習慣や考え方を身につけているかどうかが重要です。そして、立てた目標をどう達成に導くかという達成のスキルが重要です。トップセールスになり、トップマネジャーになり、独立・起業し、その会社を上場させ、ベストセラーを連発するなどの成果を収めた、目標達成のためのスキルをお伝えします。目標達成に取り組むために、沢山の困難や挫折からの脱却法や、ちょっとした視点の変え方や考え方、工夫の仕方を学んでいただきます。

用途

リーダーシップ養成、コミュニケーション能力強化、協働力強化、目標達成力の強化

受講対象者

全てのビジネスパーソン

対応時間枠

研修形式 終日~2日

学習内容一部紹介  

1)目的と目標の明確化

2)目標達成でよく犯す6つの過ち
 ・「好き、嫌い」「やりたい、やりたくない」で判断してしまう
 ・できもしない高い目標を掲げる
 ・目標を立てると、何をするか考えてしまう(計画) 
 ・危機になってから状況打開を考える
 ・コントロールできない目標を管理する
 ・「私的な目標」と「仕事の目標」をリンクさせていない

3)目標達成のためにすべき10のこと
 ・仕事のセンターピンを探す
 ・「できない」「知らない」という選択肢を捨てる
 ・強制的に学習能力を高める
 ・目標達成のためにレバレッジをかける
 ・「自分」と「物・事」を結び付けない
 ・目標を常に目に触れるようにする
 ・情報発信をする
 ・手放す勇気、捨てる勇気
 ・自分をよく理解して、続ける仕組みを作る
 ・「あきらめ」はよくないが「見極め」は大切

4)思ったように目標達成ができないときの6つのチェックポイント
 ・方向は合っているか
 ・方法はあっているか
 ・行動量は適正か
 ・時間の使い方は適正か
 ・正しい習慣で行われているか
 ・コミュニケーションの取り方(取っている相手)は適正か

5)まとめ、アクションアイデアシートの発表、アンケート

モチベーションが上がる!やる気の出る!仕事の与え方

学習の狙い

部下にやる気を持って仕事に取り組んでもらうために、効果的な仕事の与え方、コミュニケーションの取り方を学んでいただきます。人は自分がやるべき仕事に見通しがつかないと、不安になります。行動力が落ちます。そこで、上司学流「やる気の出る仕事の与え方7ステップ」を通して、仕事の与え方についてロールプレイと講義を通して学んでいただきます。
やってしまいがちな「伝えたつもり」の指示をワークで体感し、「伝わる伝え方」のポイントに気づく。その気づきを基に、実際に仕事を与える際に気を付けるポイントや今後への活かし方をまとめて実務に繋げるワークを行います。“伝えたつもり”“わかったつもり”がどのような結果を招くか、留意すべき点や、今後への活かし方を話合います。

用途

リーダーシップ養成、コミュニケーション能力強化、協働力強化、目標達成力の強化

受講対象者

部下を持つ全てのリーダー

対応時間枠

研修形式 終日

学習内容一部紹介  

1)モチベーションと満足感に対する誤解
 ・モチベーションと満足感に対する誤解
 ・モチベーションが上がる要因、下がる要因

仕事の与え方
 ・普段仕事を与える時に気を付けていることは?
 ・目的とは?目標とは?
 ・仕事の与え方7ステップによるロールプレイ
 ・人はなぜ不安になるのか?
 ・不安を解消する2つのイメージ設定

リーダーシップコミュニケーション
仕事を与える際、やってしまいがちな「伝えたつもり」の指示をワークで体感し、「伝わる伝え方」のポイントに気づく。その気づきを基に、実際に仕事を与える際に気を付けるポイントや今後への活かし方をまとめて実務に繋げるワークを行います。

伝わるコミュニケーション
コミュニケーションで重要なことは、コミュニケーションが成立していると勘違いしないことです。コミュニケーションの目的は「伝えること」ではありません。「伝わって相手の行動に変容を起こさせること」これが目的です。「伝える」コミュニケーションではなく、「伝わる」コミュニケーションの取り方について学んでいただきます

まとめ、アクションアイデアシートの発表、アンケート

エンロール・コミュニケーション(周囲を巻き込む技術)

学習の狙い

目標達成する人は、なぜ協力者を探し、協力を引き出すのが上手いのか?それは、一人では何もできないことがわかっているからです。成果を出す人の共通点として、周りの協力を得ることの上手さが挙げられます。「成果を出す究極のレバレッジは、人をマネジメントすること」「究極のタイムマネジメントは、できる人の力を借りること」です。「人間一人で生きているわけではない」と言われるように、仕事も一人で成果を出し続けるには限界があります。だからこそ、周囲を巻き込み、人に任せられることは人に任せる、協力者を探し協力を引き出す、自分にない能力は人から借りるなどする必要があります。本セミナーでは、周囲を巻き込んで成果にレバレッジをかける具体的手法をお伝えします

用途

リーダーシップ養成、コミュニケーション能力強化、協働力強化、目標達成力の強化

受講対象者

全てのビジネスパーソン

対応時間枠

研修形式 終日~2日

学習内容一部紹介  

1)オープニング
 ・なぜ、周囲を巻き込んでコミュニケーションを取っていく必要があるのか?

2)目標達成のためにレバレッジをかける
 ・目標達成する人は、なぜ協力者を探し、協力を引き出すのが上手いのか?

3)周囲を巻き込むために必要なたった一つのこと~信頼~
 ・信頼されている人に働く原理
 ・信頼されていない人に働く原理
 ・信頼を得るために

4)目標達成のためにレバレッジをかける7つのステップ
 ・ 「今自分が求めている成果とは何か?」を明確にする
 ・「その成果を出すために、何をしなければいけないか?」を考える
 ・「しなければならないこと」に対して「どんな能力やスキルが必要か?」を考える
 ・「3つの仕事」を区別する
 ・「自分にしかできないこと」以外を誰に任せるのかを考える
 ・協力者に与えられるものを明確にする
 ・「ストーリーを作る」
 ・イメージ設定のポイント

5)周囲を巻き込む7つのコミュニケーションポイント
 ・相手を尊重し、考えの違いを受け入れる
 ・「好き、嫌い」で判断しない
 ・他責をしない
 ・人に好かれたいという気持ちを捨てる
 ・勝手な思い込み(悪い思い込み)を捨てる
 ・「自分」と「事」を結び付けない
 ・情報発信をする

6)まとめ、アクションアイデアシートの発表、アンケート

経営理念・ビジョンの共有と浸透

学習の狙い

経営理念とは、会社のあるべき理想の姿を示したものです。経営理念は、最高意思決定基準です。その会社にとって「正しいこと」「正しくないこと」が何なのかという倫理観の形成につながるものです。
そして、チームが勝てるチームに変わるかどうかは、リーダーで決まります。そしてそのリーダーの質は、ビジョンで決まります。ビジョンの質が高ければ、チームは主体的に動き出します。質の高いビジョンの共有が、組織を進化させます。ビジョンの質と伝え方が、リーダーの質を決めます。明確なビジョンを描き、何度も、何度も、伝える。理解されるまで、実行を徹底させるためのワークをします。

用途

価値観の共有
経営理念・ビジョンの共有と浸透

受講対象者

管理職(部長・課長)、プレイングマネジャーなど 部下を持つ管理職の方

対応時間枠

研修形式 終日~2日

学習内容一部紹介  

1)オープニング
 ・「経営理念」や「ビジョン」って何?なぜ必要なのか?

2)理念分解
理念を細かく分解して、なぜその理念が必要なのか?どう行動を起こすことがその理念追求につながるのか?今後どう行動を起こす必要があるのか?実行したときにどんなことが起こるのか?を考察

3)ビジョン分解
ビジョンを細かく分解して、なぜそのビジョンが必要なのか?どう行動を起こすことがそのビジョン実現につながるのか?今後どう行動を起こす必要があるのか?実行したときにどんなことが起こるのか?を考察

4)理念の共有と浸透を目的に、肯定派と否定派に分かれてディベート

5)ビジョンの共有と浸透を目的に、肯定派と否定派に分かれてディベート

6)理念やビジョンを語り共有する
現場に戻って、理念やビジョンを共有するためには「リーダーの伝え方」が重要です。伝わるスピーチについて演習を行います。

7)まとめ、アクションアイデアシートの発表、アンケート

組み込み可能なモジュール

企業の弱点や強化したい部分があると感じた場合、研修メニューに以下の各のモジュールを自由に組み込むことが可能です。

昇格者への役割と期待

学習内容 事前に参加者の上司の方から、期待・課題・問題点等 質問に答える形でメッセージをいただきます。 そのメッセージを念頭においてグループで話し合い、発表していただきます。 そして、今後自分が担う役割と期待を認識していただきます。
形式 進行は、個人ワーク・グループワークで行います。
学習内容一部紹介 メッセージからイメージした職位の行動
上司が自分に期待していると思われる行動
今までとの違いを意識してする行動

主体的理想のリーダー像を明確にする(ロールモデルの確立)

学習内容 当社独自のインタビューシートを使って、自らがリーダーになった自分、そして、個人としての自分それぞれの「過去」と「未来」を棚卸しし、そこから浮き彫りになった、本来自分自身が望んでいる理想のリーダー像(ロールモデルとして目指す姿)を明確にするワークをします。 更にグループワーク後「主体的理想のリーダー像の要件と実行シート」を作成し、グループ間で発表していただきます。
形式 進行は、個人ワーク・グループワークで行います。
学習内容一部紹介
  • 2人一組で『質問者』『回答者』に別れる
    (3人の場合は「傾聴者」が存在します)
  • 終了後に、質問者が、回答者の回答から感じ取った理想のリーダー像をフィードバックします
  • 回答者がそのフィードバックと自らの回答を振り返り、自分が理想とする営業課長像を伝える

女性を戦力化する上司力

学習内容 「女性だから・・・」ということではなく、女性にも男性にも当てはまるマネジメントスキルですが、比較的女性にありがちな傾向を中心に、人を育成する立場にいるリーダーに向けた効果的なスキルをお伝えします。
形式 進行は、個人ワーク・グループワークで行います。
学習内容一部紹介
  • 関心を寄せる
  • 話の聞き方
  • ほめ方、しかり方
  • 女性のモチベーションの高め方
  • 言葉を味方につける
    (女性はプロセスに言葉を使い、男性は結果に言葉を使う)
  • 女性は『共感協調型』、男性は『勝負プライド型』

ダイバーシティ マネジメント

学習内容 現在主に管理職を担っている40~50代の方は、自分が教わったやり方や教え方が通用しない世代を部下に持ち、今の時代にあったやり方を現場から引き出すことが必要になってきました。 その主な出来事が、男性社会であった日本の企業に、女性や外国人が強く入り込んできたこと。 比較的女性にありがちな傾向を中心に、人を育成する立場にいるリーダーに向けた効果的なスキルをお伝えします
形式 進行は、個人ワーク・グループワークで行います。
学習内容一部紹介
  • 女性の戦力化がなぜ必要か?
  • 関心を寄せる
  • 話を聞く
  • 上手なほめ方、しかり方
  • 言葉を味方につける

上司が部下のやる気を引き出す「伝える技術」

学習内容・詳細については、お問い合わせください

やる気が出る!成果の出る!効果的な「ほめ方」「叱り方」

学習内容・詳細については、お問い合わせください

その他、ご要望に応じてアレンジいたしますので、お気軽にご相談ください。