本当に大切なことに時間を使えていますか?

忙しい人にとって

時間の使い方は本当に大切なスキルです。

もちろん、私だけでなく、

あなたにとっても大きな課題の一つではないでしょうか。

 

あなたは、人種・宗教・国など関係なく、

この世の中の万人に与えられているものが、

たった二つだけあると言われているのをご存じですか?

・・・・

・・・・

・・・・

それは、「24h/日という時間」と「命」です。

 

アメリカの大統領だからと言って、

36時間/日与えられているわけではありません。

それゆえ、今この社会に存在する1番シンプルな成功哲学は、

「時間」と「命」を大切にすることだとも言われています。

 

この貴重の「時間」という資産を大切にして生きる上で、

最近つくづく感じることがあります。

それは、

 

「何かをしているときは、何かをしていないとき」

 

これは、時間管理の神髄をついた言葉だと、

折りがある毎に振り返っています。

 

「寝てるときは、仕事してないとき」

「テレビを見ているときは、本を読んでいないとき」

「友達とお酒を飲んでいるときは、

家族と過ごせていないとき」

「ゴルフをしているときは、

家にいて子供と遊べていないとき」など。

 

人は、こうやって知らないうちに

いろいろなことに対して時間を使っています。

ただし、よく言われることが、

たくさんのどうでもいいことに、

限りある大切な時間を使っていることが

あまりにも多いと言う現実。

何かをしないことを増やさないと、

本当に大切なことをする時間を増やせないと言うことです。

 

私だけでなく、たくさんの著名人が話されたり、

著書でも語られているように

「いかにしないことを増やすか」

「いかに今していることをやめる勇気を持つか」

それによって本当に大切なことに使う時間を増やせるわけです。

これは、仕事で成果を上げ、

良き人生を送っている人の共通点でもあります。

 

「今しているゴルフはあなたの幸せにとって、

本当に大切なことですか?」

「今している仕事はあなたが成果を上げるのに、

本当に大切なことですか?」

「今読んでいる本は、

あなたの人生を豊かにするために、

本当に必要な本ですか?」

「今している遊びは、

あなたの幸せのために本当に必要なことですか?」

 

あなたは、本当に大切なことに大切な時間を使えていますか?

周囲に流されて、

本当に大切にすべき家族との幸せの時間や

仕事で成果を上げるための自己啓発に

たくさんの時間を使えていますか?

ぜひ、一度振り返ってみてください。

 

1日24時間という時間は有限です。

しかし、その使い方は無限です。

今度機会があれば時間の使い方についての

一工夫をお伝えしたいと思います。

一覧へ戻る