日本一の「人づくり、組織づくり」に特化したリーダーのための教育機関を目指す!
経営者向けセミナー・講習会

約束

先日ある部下が自分で指定した期日を守らずに、

当日になって急に約束したことが出来ていない旨を報告してきました。

今回のことは正直たいしたことではなかったので特に問題はなかったのですが、

これが重要な物事だったら非常に困ったことになっていました。

もちろん、重要なことであれば本人の責任感も変わっていたのかもしれません。

しかし、今後のことを考えて本人とよく話し合って次のことを指示しました。

 

1) 出来ないことはできないとはっきり言う

 

2)期日は自分の出来る範囲の最短で設定をすること。

その際保険を掛けて日程に余裕を持たせないこと。

 

3)仕事は常に前倒しを心掛け、

最悪でも前日に終わるような計画で進めること。

 

4)どうしても、約束の当日まで持ち越してしまうものは、

当日実際やって何がおきるか分からないので、

絶対に約束の時間に間に合わせる自信のある仕事しか持ち越さないこと。

 

5)もし、最悪納期に間に合わないことが予測された場合、

その時点で直ぐに連絡をすること。

そして、いつまでだったら間に合うのか、

次回納期を報告すること。

それにより、打ち手が考えられる

 

以前経営をしていた会社で、

これに似た非常に困った部下がいました。

それは、「はい」「分かりました」と返事をしたにもかかわらず、

約束の期日に遅れたり、

お願いをした仕事をやっていなかったりすることでした。

そのことが周りの仕事へ大きな影響が出ていたため、

その彼には「約束」を守ることに対する得るものの大きさ、

逆に約束を破ることによる失うものの大きさを話しました。

約束を守ると信頼が得られ、

信頼が得られると協力者が増え、

応援をしてもらえるようになり、

仕事を任せたくなり、頼みたくなる。

そして、仕事が集まり、

たくさん仕事をこなすと能力が上がり、

自信が沸きます。

 

逆に、約束を破ると「信頼」を失い、

物事によってはそのことがたくさんの人や会社の経営に影響を及ぼし、

人や仕事が集まってこなくなり、

自信を失うということを伝えました。

 

私は人間の基本的な約束は

「時間を守る」ということだと思っています。

平気で時間を守らない人もよく見受けますが、

1日24時間という時間は有限なので、

時間はもっとも貴重な資産です。

この使い方一つで

人生や仕事・経営の成果が変わってくる大切なものです。

人を待たせるということは、

その人の資産を食い潰している非常に迷惑なことなのです。

 

もちろん、生身の人間ですから

完璧を望むものではありませんが、

時間という人の資産を増やすことはしても、

減らさないようなお付き合いを心がけたいものですね。

 

▼周囲の巻き込み方

  究極のレバレッジを生む7つの道具

  (東京・大阪・福岡)

  http://leadersac.net/involved6/

一覧へ戻る