経営者向けセミナー・講習会

部下に仕事を任せられない上司

部下に仕事を任せることができずに、

何でも自分でやらないと気がすまない上司、

知らないと気がすまない上司ってあなたの周りにいませんか?

さて、その理由はなんでしょうか?

「自分でやった方が楽」

「教える手間が要らない」

「自分でやった方が早い」

など、そんなところではないでしょうか。

しかし、その反面、

部下が育たないという副作用を生むことに気付いて欲しいと思います。

上司は部下より何のために高い給料をもらっているのか考えてください。

上司の存在価値は、

上司であるその人にしかできない仕事にチャレンジしていくことで示していくことなのです。

要するに、部下にできる仕事はどんどん部下に任せて、

体験させて、

失敗させて、

歯がゆい思いをしながらでも、

我慢して育てていくことが大切なのです。

部下でもできる仕事を上司がしていては話になりません。

私は常日頃から

「部下を持つ上司の究極の仕事は、自分の仕事をなくすこと」

といっています。

別に上司は早く楽しろと言っているわけではありません。

上司は、どんどん自分の仕事をなくして、

時間と労力が空いたら、

新しい事業や新しい仕事、

更に上の新しい立場の仕事などにチャレンジしていく環境を作らなければ、

組織が大きくなりません。

人に仕事が振れない人の中には、

手柄を独り占めしたいから、

というケースや仕事を奪われたくないから、

という暇な会社に多い特殊なケースもありますが、

やはり多いのは

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

「心配」です。 

自分なしで上手くできているのか、

自分の意図したように進んでいるのだろうか、

と心配になる。

そして、いざ出来上がってきたものや、経過を見ると、

改善点やミスばかりが目に付き、ひどく気になり、

結局一人でやった方が早いとなってしまう。

そんなことの連続で、

人に仕事を任せるのがイヤになってしまうわけです。

むやみに投げっぱなしはどうかと思いますが、

ある程度できるのなら、

あとは、思い切って任せる勇気が必要です。

仕事を任せるという行為は、

「未来への投資」

だということを忘れないでください。

任せないということは、

未来への投資を怠るわけですから、

会社の未来はないですよね。

一覧へ戻る