経営者向けセミナー・講習会

上司として問われる意外な能力、それは・・・

先週の金曜日に、

心配で部下に仕事を任せられない上司のお話をしましたが、

今日はその解消方法についてお話しましょう。

その前にあなたに質問です。

「人はなぜ不安になったり、

心配になったりするかご存知ですか?」

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

人は「見えない未来」に対して不安になったり、

心配になったりするのです。

ということは、

心配を解消するためには

少しでも見えないことを見えるようにすればいいわけです。

その心配を少しでも和らげてくれるものは何だと思いますか?

それが世でいう

「報告・連絡・相談」

と言われる物です。

 

仕事を任せられた部下には、

2つの責任が問われます。

「結果責任」はもちろんですが、

「説明責任」も問われます。

心配性の方は、そのことを仕事を任せるときに、

はっきりと部下に伝えておくべきでしょう。

更には、どんなタイミングで、

どんな内容の報告を受けたいと考えているのか、

そこまでしっかり指示をしておけば、

だいぶ心配は解消されるはずです。

それでも解消されなければ、

書面にしてルール化すればいいのではないでしょうか。

 

ここで、忘れてはならないのが、

仕事を任せたからには上司として、

ある能力が問われます。

それは「我慢」という能力です。

私は部下育成に関するセミナーの中で

「部下の成長は待たされるもの」

と伝えています。

例えばお子様がいる方なら分かりやすいと思いますが、

親にとって子供が成長していく段階で

「早く○○できるようになって欲しい」

と思いながらも、

待たされることばかりではないですか?

笑う、目が見えるようになる、

しゃべる、ハイハイする、

歩く、食べる、幼稚園に行く、

小学校へ行く、中学へ行くなど、

待たされることの連続ではないでしょうか。

要するに、部下の成長を考えるのであれば、

我慢するということは付き物なのです。

仕事を任せたと表面上は伝えていても、

結局細かいところまで口を出していては、

部下にしてみたら

「だったら最初からこの仕事を任せないで自分でやれよ」

ということになってしまいます。

生まれたばかりの赤ちゃんに

「お前は‘あいうえお’も言えないのか」

と我慢仕切れずに怒ったりしませんよね(笑)?

ぜひ、部下のことを思うからこそ、

待つ勇気を持ってあげてください。

一覧へ戻る