「1%の人は目標をほとんど達成できている」その訳とは?

私は週に2~3回スポーツジムに通っています。

私のスケジュールには、

毎朝「スポーツジムに行く」というスケジュールが入っていて、

それでも結局週に2回行けるのがいいところです。

 

ところが、ある日間違って

その「スポーツジムに行く」というスケジュールを

全て消去してしまいました。

 

「もうずいぶん通っているので習慣化しているし、

わざわざ書いて意識しなくても大丈夫だろう」

 

とたかをくくって、

グーグルカレンダーなので直ぐに再入力ができたにもかかわらず、

そのままにしてしまいました。

 

それから約1ヶ月が過ぎて振り返ると、

この1ヶ月間スポーツジムに行く回数が激減していることに気付きました。

これはきっと、

もう習慣化しているので大丈夫だと思って

スケジュール表から外したことにより、意識が薄れたことが原因だと思い、

直ぐにスケジュール表へ再入力をしました。

するとまた意識するようになったせいか

元通りのペースに戻りました。

 

今回の原因は

・習慣化していると勘違いをして、気を緩めた行動を取ってしまったこと。

・書くことにより意識する大切さを見失っていたこと。

だと考えました。

スポーツジムにはもう何年も通っているのに、

習慣化することって難しいですね。

 

以前ある方から、

 

「ビジネスマンで目標を持っている人は20%、

その目標を紙に書いている人は5%、

その目標を毎日紙に書いている人は1%、

その1%の人は書いた目標をほとんど達成できている」

 

という話を聞いたことがあります。

今回の出来事で改めて、

「毎日書いて意識すること」

の大切さを学び直した気がします。

一覧へ戻る