経営者向けセミナー・講習会

評価制度導入を成功させる5つのポイント

最近新年度に向けて評価制度導入に関する相談が増えてきました。

そこで、今回は評価制度導入を成功させる5つのポイントについてお伝えをさせていただきます。

あなたの会社にも評価制度が存在すると思います。

まずは、以下3つのステップで評価内容を決定します。

 

1)いつまでに、何を、どうやるのか

という戦略を決定します。

 

2)その戦略に対して、いつ、どれくらいの売上が上がり、

どれくらいのコストがかかり、どれくらいの利益が見込めるのか

という予算を作成します。

 

3)最後にその戦略を誰が、

どの部分を担当してやり抜くのか

という役割分担をして、

それぞれがそれを成し遂げたらどうなるのか

ということを評価制度に落とし込む

 

というのが基本的な流れです。

もし、評価制度がないということは、

自分が

いつまでに、

どんな行動を起こして、

どんな成果を出したら、

どんな評価をしてもらえるのか

が分からないまま仕事をしている人達が

ゴロゴロしていることが想像できてしまいます。

ところが、

評価制度はあるが

上手く機能していないという会社様も結構あるのが現実です。

 

そこで、

今日はあなたの会社の評価制度を導入し成功するための

5つのポイントをお伝えします。 

これはあくまでも評価制度があるという前提で、

その導入の5つのポイントです。

 

1)まずは、

 部下を持つ上司自らが評価制度の内容を理解して

自分の言葉で部下に話せること

 

2)評価内容に従業員の納得感があること

 

3)従業員の成果が「点」になってしまうことなく、

会社の戦略と「線」でつながれていること

 

4)評価制度の内容は、

各個人の身に降りかかってくることなので、

自分にとってマイナスと判断した従業員は抵抗勢力となりえますが、

自信を持って導入を決定したのであれば

徹底してやりぬく信念を持つこと。

 

5)導入に成功をしたらそれで成功ではなく、

現場の納得感が得られる、

常によりいい物にしていく

メンテナンスを欠かさないこと。

 

私は、一番重要なのは2)だと考えています。

どんなに素晴らしい評価制度でも

従業員が納得していなければモチベーションが下がり、

業績に悪影響が出ます。

逆に、他社から見ればどんなにできの良くない評価制度でも、

それによってモチベーションが上がり、

従業員が頑張って自己の成長を実現し、

会社の業績が向上すればいいわけです。

ですから、

制度の良し悪しよりも「納得感」が必要なのです。

 

そんなに難しく考えず、

以上を守れば機能するので頑張ってください。

一覧へ戻る