経営者向けセミナー・講習会

無知は怖い

先日の新聞に米思想家エマーソンという方の格言が掲載されていました。

「恐怖は常に無知から生じる」   

これは情報を重視する金融の市場関係者に人気の格言だそうです。  

私は以前、上場会社の役員をされている方と、

外資系銀行でPB(プライベートバンカー)をされている

二人のMBAホルダーの方とゴルフをしたことがあります。

その際、私の知らないような話がたくさん出てきて、

「無知は怖い」と思ったことがあります。

あなたも

「もしあのとき、知っておくべきことを知っていれば、人生は大きく変わっていた」

と思ったことはありませんか?

 お金には4つの側面があります。

それは「守る」「使う」「貯める」「増やす」です。

「お金は寂しがりや」

という言葉があるように、

大切に守って、

使って、

貯めて、

増やして、

くれる人のもとへたくさん集まるようになっているという話を聞いたことがあります。

   

今日はなぜこの話をしたのかといいますと、

ちょっと話の例えはよくないかもしれませんが、

「お金」を「部下(従業員)」に置き換えてみてください。

もし、部下(従業員)の立場にしてみたら、

何があっても守ってくれてくれる上司(守る)、

やる気を引き出し上手に扱ってくれる上司(使う)、

能力をどんどん開発して実績を積み上げさせてくれる上司(貯める)、

新しい能力をどんどん増やし成長させてくれる上司(増やす)。

こんな上司がいたとしたら、

その人(会社)のもとへ人が集まると思いませんか?

要するに、お金と一緒で、

部下(従業員)も寂しがり屋で、

「集まるところに集まる」のかもしれません。   

その、

「守る」

「使う」

「貯める」

「増やす」

ということに関する知識がある人とない人とでは

雲泥の差がでます。

その知識の差が、

意思決定の質を変え、

行動の質を変え、

結果を変えるのです。   

先日情報の3段活用のお話をしましたが、

ぜひあなたの部下のためにも、

そしてあなたの懐にあるお金を有効なものにするためにも、

一生懸命本を読んだり、

人とあって話しをしたり、

セミナーへ出かけたりして勉強をして、

知恵に変えるための知識をたくさん吸収してください。

一覧へ戻る