間違ったワーク・ライフ・バランス

 

「ワーク・ライフ・バランス」

この言葉自体一度はお聞きになられたことはあると思います。

実は、私はこの言葉に相当違和感を感じています。

なぜなら、本当の意味でワークもライフも充実させている人は、

決してその二つを分けた生き方をしていないということです。

ライフの一部がワークだという生き方をしている人が、

本当の意味での幸せや豊かさを感じている気がしてなりません。

 

逆をいえば、ワークとライフを分けている人ほど、

意外と幸せでなく、

本当の意味での豊かさを手にしていない気がします。

 

あなたは、

人生は突き詰めると3つのカテゴリーに分けられることをご存じでしょうか?

それは、

「睡眠」

「プライベート」

「仕事」

です。

1日24時間ですから

「睡眠8時間」

「プライベート8時間」

「仕事8時間」

8時間×3=24時間。

これは最高の時間の使い方だといわれています。

 

ところが、現実として多くの残業もしますし、

通勤時間なども仕事の一部と考えれば、

働いている限り、

圧倒的に仕事に費やす時間が多いのがお分かりいただけます。

 

そうなんです。

もうお分かりだと思いますが、

もっとも時間を費やす仕事が、

やり甲斐がなかったり、

楽しくなかったりして、

どうしてライフの充実があるのでしょうか?

人生の大変多くの時間を費やす仕事が充実していなくて、

私的な充実はあり得ないといっても過言ではありません。

 

要するに、

仕事を充実させない限り私的な充実がないということは、

本当の意味で人生に幸せや豊かさ・楽しみを感じるには、

分けること自体に無理があるということなのです。

 

そう言う意味では、

ワーク・ライフ・バランスではなく、

ビューティフルライフの方が正しい気がしてなりません。

 

仕事が「できる」「できない」をX軸、

プライベートが充実を「している」「していない」をY軸で切ると、

以下の4つのパターンに分けられます。

 

1)仕事もプライベートも充実している人

2)仕事は充実しているが、プライベートは充実していない人

3)仕事は充実していないが、プライベートは充実している人

4)仕事もプライベートも充実していない人

 

さて、あなたは、どの人でいたいですか?

また、本当の意味で仕事ができて、

豊かさも、幸せも、楽しさも手に入れている人はどの人だと思いますか?

ぜひ、ワークとライフを分けずに、

ライフの一部にワークを組み込み、

「どんなビューティフルライフを送るか?」

を考えて欲しいと思います。

また、あなたの部下にも考えさせて欲しいと思います

 

一覧へ戻る