部下育成は待たされることの連続だ!

ある時、子供と買い物に出かけました。

まだ小いため、

ちょこまかちょこまかと、

あっち行き、こっち行きしながら歩きます。

大人にしてみるとよく分からない赤く光る電球や、

道端の落ちている石ころなど、

何かを発見したかのように

あっちこっちに足を運びます。

本来一人であれば、

ものの5分で歩ける距離に、

30分くらいかけて歩くことになるので、

考え方を変えれば、非常にイライラする話です。

 

しかし、子供はこの短い距離を長い時間かけて

いろいろなものに触れながら勉強しているのです。

見守る力のない大人はすぐに抱っこしたり、

「速く歩きなさい!」とでも言って、

子供なりに楽しんで勉強している大切な時間を奪ってしまいます。

 

今日は何でこんな話をしたのかといいますと、

私はセミナーで、

もしかしたら上司にとって一番必要な能力は

「我慢」かもしれないという話をします。

「見守る力」ということです。

 

上司という立場の人は、

それなりの経験や実績を積んできているので、

部下の仕事振りを見ていると

「いや~そうじゃないんだよね~」

「そこでそう言ったらだめじゃん!!」

「なんでそこでそんなメール送るんだよ!!」

と叫びたくなるような場面が多々あることでしょう。

しかし、仕事を覚え、能力を磨いていくのに必要なのは、

たくさんの「失敗」です。

失敗をする前に親や上司が直ぐに手を差し伸べてしまっては、

せっかくの成長の機会を奪いかねません。

 

そこで、部下や子どもの成長のためにも

多少は目をつぶっても「見守る」、

要するに「我慢」する気持ちを持たなければいけないのです。

 

親は子供がおなかの中にできると

生まれるまで十月十日待たされ、

笑うのを待たされ、

ハイハイするのを待たされ、

しゃべるのを待たされ、

歩くのを待たされるなど、

自立するのを待たされるなど、

そもそも待たされることの連続です。

 

同じように部下を持つ上司になったら

部下の成長の過程では、

待たされることの連続なのです。

非常に効率を求める今の企業では

相反することをしなければならないのが

人の教育ではないでしょうか。

 

人を育てるのに魔法はありません。

こういった日々の地道なコミュニケーションが、

人を育てていくのではないかと私は考えます。

一覧へ戻る