部下を動かそうと思うのは大きな間違い

「そもそも人を動かそうと考えること自体

チャンチャラおかしいですよ。」

 

私はあるセミナーに出席した質問の回答に

金属バットで頭を「ガツン」と殴られたような衝撃を受けた。

 

「部下を意のままに動かせるだろうか?」

 

ということばかり考えていたのだが、

その考え方自体が間違っていたのだ。

 

「上司というのは、

部下が自ら動こうとする環境を作ることが大切なのです」

 

上司になる人は、少なからず能力や業績が認められて、

そのポストを与えられているもの。

だからこそ自分のやり方や考え方に自信を持っていることが多い。

でも、よく考えてみると、

自分が部下時代に積極的に動いていたということと、

目の前の部下が動かないということは、

決定的な違いがある。

それは、部下が自らの選択によって、

納得して意欲的に行動しているかという違いだ。

 

上司は自分の方法を押し付けるのではなく、

部下自身が納得した目標を立てられるようにサポートすることで、

部下は命令されて動くよりも、

自らの選択により納得して動いた方が何倍ものパワーを発揮する。

 

あなたは、部下に自分の正しさを主張し、

部下の納得感を無視していないだろうか。

一覧へ戻る