経営者向けセミナー・講習会

部下の相談に乗ってはいけない

部下に相談を持ちかけられたら、

アドバイスをする前に「君はどう思う?」と聞いてみる。

全く答えを持っていなかったとしたら、

自分では何も考えずに上司に相談に来たことだ。

そんな状態で、上司がアドバイスをしても、

今後のためにはならない。

だからこそ、自分なりの考えを持っていない部下は一度追い返して、

考えてから出直すように伝える。

部下の相談に即答していたら、

部下が考えなくなってしまうという

重大な副作用を生むことを、

上司は忘れてはいけない。

部下の問題を上司が解決してしまうということは、

部下の大切な成長の機会を奪うことになりかねない。

部下に真剣に考えさせたい場合、

あるいは猛省させたい場合には、

バーチャルプランを提出させるという方法がある。

バーチャルプランとは、

うまくいかなかった結果を過去にさかのぼって、

改めて「どの時点で、誰が、何を、どうしたらできたか?」

という架空のプランを出させるという方法。

時間はかかるかもしれないが、

失敗を教訓にして、次に生かせるようになる。

一覧へ戻る