日本一の「人づくり、組織づくり」に特化したリーダーのための教育機関を目指す!
経営者向けセミナー・講習会

組織の真ん中に「理念」を置く

あなたは普段仕事をするなかで、経営理念を意識していますか?

「理念」とは、その会社が何のために存在しているかを示しているものです。

経営理念が会社における最高意志決定基準であり、

上司の意思決定もこれに基づくものです。

判断基準に経営理念をもっていれば、

考え方がぶれにくくなり、

一貫した意思決定ができるようになります。

会社においてルールは人を縛る枠であり、

理念は人を活かす軸であると思っています。

経営理念を見失うと言う事は、会社が軸を失うことなのです。

上司は部下とコミニケーションを取り、

理念を共有し、仕事におけるポジション、

与えられた役割を丁寧に確認すべきです。

では、理念を共有し、浸透させるにはどうしたらよいでしょう?

理念を浸透させるには、次の4つのステップがあると考えています。

●第1ステップ

社長(上司)自身が具体的に理念の必要性、会社に与える効果を話す。

●第2ステップ 

理念を自分の言葉で話してみる。

●第3ステップ 

理念を行動に落とし込み、実際に行動したことについて話をする。

●第4ステップ 

表彰制度などを取り入れ、会社全体で承認し合う。

一覧へ戻る