経営者向けセミナー・講習会

自分の目標達成は二の次でいい

部下時代は、

個人の目標について考えていれば十分だったが、

上司となったからには、

部門全体の目標を常に第一に考えなければならない。

会社の形態、評価制度によって若干の違いはあるが、

個人評価が評価項目に入っていなければ、

上司は自分の目標よりも、

部門の目標達成のことを優先すべき。

部下に目標達成させ、

その結果として部門全体の目標を達成する

という視点を常に持たなければならない。

一覧へ戻る