経営者向けセミナー・講習会

上司の究極の仕事は自分の仕事をなくすこと

部下に仕事を任せることができずに、

何でも自分でやらないと気がすまない人、

何も知らないと気が済まないという上司が、

あなたの周りもいるのではないだろうか。

上司は経験豊富で、能力も高いのだから、

上司自身がやったほうが早く、正確なのは当然。

(注:一部の不適格な上司は除く)

そんなことを理由に何でも自分でやっている人には、

「その分、部下が育たない」

という深刻な副作用が発生していることに気づいて欲しい。

私は常日頃から、

「上司の究極の仕事は自分の仕事をなくすこと」

と言っている。

今まで自分でやっていた仕事をどんどん部下に任せて、

上司自身の労力や時間が空いてくるようにするという意味だ。

そして、時間のできた上司は、

さらに上の新しい仕事や違う仕事にチャレンジしていくのだ。

部下に任せたら放りっぱなしにしろというわけではないが、

じっと待ち、我慢することも上司の仕事。

一覧へ戻る