経営者向けセミナー・講習会

自分の「すごさ」をアピールするな

新たに上司になった人が陥りやすいパターンに、

「自分は部下であるあなた達より優れている」

と思われたいという下心から、

自分のスゴさを誇示しようとしてしまうことがある。

何の問題もなさそうな普段のやり取りの中で、

上司は自分の凄さを誇示してしまう。

問題を解決することは大事だが、

上司ならば、その問題が誰のものなのかを考えなければならない。

部下の問題を上司が解決したのでは、

部下が成長する機会を奪うことになりかねない。

上司は部下を育成し、部下の能力を引き出すことが仕事。

一人ひとりの部下を育てて、

上司であるあなたがいなくても立派に仕事ができるようにしてあげることが大切。

上司の存在価値は、

そこにあるのだということを忘れないでほしい。

一覧へ戻る