日本一の「人づくり、組織づくり」に特化したリーダーのための教育機関を目指す!
経営者向けセミナー・講習会

上司はワガママでいい

私は、上司がワガママなのが悪いとは思っていない。

上司であるからには、少しくらいワガママでも、

自分のポリシーや頑固さを持っているならば、

そのくらいでちょうどいいとさえ思っている。

 

ただ上司のわがままを部下が受け止める場合、

2つのパターンがあるということも同時に覚えておいてほしい。

 

1つめは、

上司との信頼関係ができているために、

上司のわがままを肯定的にとらえて、

仕事をしてくれるケースです。

 

2つめ、

上司がわがままを言った時、

どんどん否定的に捉えられてしまうケースだ。

言うまでもなく、この場合の上司は信頼されていないのだ。

 

上司と言うのは、

正しいことを言うから信頼されるのでも、

わがままを言うから信頼されないと言うものでもない。

 

つまり、普段から、

部下とのコミュニケーションを大切にして、

部下にとって最良の事は何なのか、

部下が働きやすい環境をつくるためにはどうしたらいいのか、

などを考え、

部下の成功こそが自分の一番の関心事だと、

部下に心から信じてもらえる関係性をつくるために、

少しずつ信頼を積み重ねていくことが、

一番大切なことなのだ。

一覧へ戻る