経営者向けセミナー・講習会

「愛」を注いでも「情」は注ぐな

上司になったからには、

部下に対して、

「愛」と「情」を切り分けて考えたほうがいい。

上司は部下に「愛」は注いでも、

「情」を注ぐべきではない。

上司が言ったことによって、

お互いが嫌な思いをすることもある。

それでも、

本当に部下のためだと思える愛があれば、

いずれは理解されるもの。

言いたいことをはっきり相手に言わないのは、

相手を信頼していない証拠。

またそれと同時に、

「愛」を注いで、

「情」を注がないと言う意味では、

「本当にその部下のためになっているのか」

という点を厳しく考えることも大切。

一覧へ戻る