経営者向けセミナー・講習会

全ては自己責任

上司に限らず、仕事をするからには、

全てが自己責任であるという意識が必要だ。

私はそんな社員のことを「プロ社員」と呼んでいる。

お金をもらって働く以上は、

誰もがプロ社員でなければならない。

なかでも、部門を統括している上司なら、

なおさらこの意識は重要。

どんな問題でも、

自分が関わっている限り

自分の問題として捉え

自分にできる事はないかを常に考える姿勢が必要。

上司が間違ったセクト主義を持っていると、

当然、部下たちも自分のテリトリーにこだわるようになる。

そうなると、責任を押しつけ合ったり、

相手をフォローする意識がなくなるなど、

組織が弱体化する原因となる。

一覧へ戻る