人生最大のリスクは「チャレンジ」しないこと

「人生も経営も下りのエスカレーターを駆け上がっているようなものだ」

と思っています。

本当に恐れなければならないのは、

何かにチャレンジして失敗するリスクよりも、

チャレンジしないリスク。

失敗すること自体は悪いことではない。

変化を恐れ、トラブルを避けていては、

チャンスはつかめない。

失敗から何かを学ぶことができれば、

それは失敗ではない。

人間は「できない」と言う無意識の思い込みによって、

チャレンジが妨げられることもある。

「やらないより、やったほうがいい」

「どうせやるなら徹底的にやる」。

後々まで引きずるような後悔をするくらいなら、

一歩踏み出す勇気をもってチャレンジしよう。

日常生活は小さな選択にあふれている。

微差、僅差の法則により、

小さなチャレンジの積み重ねが、

最終的には大きな差を生むことになり、

これが成功する人とそうでない人の差ということになる。

一覧へ戻る