本当に大切な仕事は、2割しか存在しない

「80:20の法則」を御存知だろうか。

これは、よく

「2割の優秀な人材が、

会社における八割の業績を支えている」

という意味で使われる言葉。

でも、仕事や人生における時間の使い方にも、

全く同じことがいえる。

20%の特に大切な仕事に80%の時間を割くほうが、効果的。

時間管理においても、

優先順位をつけることが非常に大切。

時間とは「ある、なし」で考えるものではなく、

「つくるか、つくらないか」で決まる。

優先順位にそってその時間を過ごしている人と、

そうでない人とでは、時間の価値がまるで違ってくる。

時間を上手に使えなければ、

成功することはできない。

一覧へ戻る