経営者向けセミナー・講習会

最高の結果を出したいなら、まず最悪の状況を考える

危機管理のためには

「イエローライン戦略」が有効。

「イエローライン戦略」とは、

目標や戦略を立てるときに、

来月のこの時点でここまで到達できていなければ、

黄色信号だというラインを決めておき、

黄色信号が灯ったときには、

どんな対策を取るかと言うことも

あらかじめ決めておくこと。

リスクマネジメントでも、

「目標設定+イメージ」の手法が応用できる。

最悪のケースを考えるというのは、

マイナスのゴールを設定して、

リアルにイメージすること。

最悪のケースを考えておくというリスクマネジメントは、

大胆な行動を引き出したり、

きっぱりとした判断をするための

好材料ともなり得る。

一覧へ戻る